ショーンK「ユアタイム~あなたの時間~」(フジテレビ系)降板で損害額は1億円~3億円!? - エンタメ福福

ショーンK「ユアタイム~あなたの時間~」(フジテレビ系)降板で損害額は1億円~3億円!?

ショーンK「ユアタイム~あなたの時間~」(フジテレビ系)降板で損害額は1億円~3億円!?

ショーンKこと、ショーン・マクアードル川上こと、川上伸一郎氏
学歴経歴詐称問題

TV・ラジオ番組降板で起用していたところは混乱しているようです。

ショーンK氏が4月スタートの平日夜のフジテレビ系報道番組
ユアタイム~あなたの時間~』でメーンキャスターを務める予定が
例の騒動で降板。

いきなり”ミソ”がついたことからフジ局内からは、その損害が
「3億円」という話も聞かれる。』と「日刊サイゾー」様は伝えています。

フジテレビの有力関係者氏は

「川上起用で作った番組のあらゆる映像、画像、資料などもろもろ、
すべて台なしになるのだから、損害は1億円を下らないでしょ。
新たに必要になる経費、さらに番組スポンサーとの調整、番組が被った
イメージダウンの損害も入れたら、3億円でも安いぐらい。問題は、
誰がこれを負うのか」


日刊サイゾー」様によればフジテレビ側は今回の事態に、弁護士など
契約問題の専門家を入れ、責任の所在を精査させているとも・・・。

ということで、「日刊サイゾー」様いわく、結果的にショーンK氏本人と
その所属事務所「サンディ」への損害賠償請求が発生する可能性もある
と伝えています。

前出のフジテレビの有力関係者氏は

「通常、タレントのプロフィールや身元の責任を負うのは、本人ではなく
所属事務所。でも、その事務所の社長はマスコミの取材に『出身や大学、
コンサルタントの仕事について、詳しく聞いてなかった』と答えていて、
まさかの他人事。もしかすると、事務所側も最悪の事態を想定して
『我々も、だまされた被害者』としておきたいのかもしれない」


とフジテレビ側はショーンK氏の所属事務所「サンディ」にも不信感が
あるようです・・・。

ショーンK氏を起用しようとしたフジテレビも所属事務所「サンディ」も
ショーンK氏の華麗すぎる経歴・学歴に疑問を持つことも身体検査する
こともなかったこと自体、不思議なんですが・・・。

日刊サイゾー」様も

『ただ、当然ながら局側の落ち度もないとはいえないだろう。』

とフジテレビ側の甘さも指摘。

「(通常、報道番組のキャスターともなれば)事前に一定の
“身辺調査”がある」


と前出のフジテレビの有力関係者氏は語るも、ここで仰天発言。

「今回は、犯罪や金銭トラブルなど最低限の問題がないかの確認に
とどまっていたようだ」

「だって5年以上前から『とくダネ!』とか、過去にもたくさんの
出演があったから、今さら調べる必要性もなかったんだよ。それと、
テレ朝の『報道ステーション』に出ていたことも、無言の太鼓判に
なっていた感じだ」
(前出・フジテレビの有力関係者氏)

「『報道ステーション』に出ていたから、無言の太鼓判!」・・・。
まあ、ワイドショーに比べるといちおう報道番組ですからねえ・・・。

しかしこれからはコメンテーターとはいえ、必要最低限の身体検査は
必要でしょう。(報道番組のキャスターは必須なはずですよね?)

それが出来ないなら”コメンテーター不要論”もそのうち出てくる
かもしれない・・・。危機感を持った方が良い方向にいくと思うけれど。

ショーンK氏の場合は学歴・経歴詐称以外にも本名と言っていた
「ショーン・マクアードル川上」が芸名、父親がアメリカ人と日本人の
ハーフでアメリカ出身のクオーターと言っていたのも嘘。
(両親が日本人で熊本生まれ)


『高校時代に住み込みで新聞配達をしていたという苦労話もウソだった
可能性が出てきており、「だまされた」というだけでは済まされない
部分がある。』
(「日刊サイゾー」様より抜粋)

J-WAVEのラジオ番組「MAKE IT 21」での涙の謝罪メッセージを聴いた
人の中には疑心暗鬼なコメントもありました。

そのJ-WAVEなどラジオ番組でDJを始めた頃からを知っている放送作家氏は

「最初はラジオDJというだけの人だった。昔はまったく言っていなかった経営
コンサルタントの肩書を付けるようになったのは、番組スポンサーの大和証券と
付き合いができてから、後付けだったと思う」


その経営コンサルタントという肩書が次第に膨れ上がってきたことにより
虚像・ショーンK氏が誕生したとのこと。

あるバラエティ番組では

「高級ホテル住まいで、経営する会社の支店が世界7都市にある」

とまで吹聴するようになったショーンK氏。

放送作家氏は

「正直、前はそんなすごい人じゃなかったから、急に出世したのかと思っていた」

とも。

でも現実は大違い。

『しかし、実際には月3万円のレンタルオフィスや、家賃8万円程度の古い
マンションを表向きの住所に使っていただけで、アメリカにオフィスの登記は
あるが、金の動きが見られないペーパーカンパニーだった。』

と「日刊サイゾー」様。

ううむ、謎、なぞ、ナゾ、(。´・ω・)?。

そんなすぐにばれるウソを?と多くの人が思いますよね。
詐欺をする人の嘘は大きいウソほど他人が信じやすいとのこと。
ショーンK氏を平成の「クヒオ大佐」と揶揄する人がいますが、
なんか納得。

そんなショーンK氏の昔を知る放送作家氏は

「いつだったか、テレビでの経歴が大げさに扱われていると苦笑いして
いましたけど、仕事の殺到で引っ込みがつかなくなっていたのでは。
DJのままだったらよかったのに……」


と。

懸念していたことが現実になりましたね・・・。

ショーンK氏はあともう少しでメディアの寵児となりかけたのに、
学歴詐称であえなくジエンド。学生時代のあだ名”ホラッチョ川上”なる
こともさらされる事態になるとは・・・。


全ての仕事、キャリアを失ってクライアントから損害賠償を請求され
かけたそんな背景を放送作家氏は

「テレビ局側が、責任をできるだけショーンさん側に押し付けたいからでは」

と言及。

日刊サイゾー」様によると『ユアタイム』の制作統括は、安藤優子アナの夫・
堤康一プロデューサー

フジ情報番組を仕切ってきた大物という堤康一プロデューサーに恥は書かせられない
局としては「川上氏にだまされた」という面を強く出したいところがあるのかも?

と「日刊サイゾー」様。

なるほど~。
ショーンK氏、『ユアタイム』、安藤優子アナの夫・堤康一プロデューサー
にこれからも目が離せない、かな?

「自分力」を鍛える [ ショーンK ]

「自分力」を鍛える [ ショーンK ]
価格:1,404円(税込、送料込)

★昔ならたけし軍団入りという
選択肢もあったけど。★




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(日刊サイゾー)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.