ベッキー、いよいよ芸能界引退への“危険水域”突入か!?「週刊新潮」の擁護記事に 「これほどわかりやすい提灯記事は久しぶり(笑)。」「“いい子”強調も逆効果。」の声! - エンタメ福福

ベッキー、いよいよ芸能界引退への“危険水域”突入か!?「週刊新潮」の擁護記事に 「これほどわかりやすい提灯記事は久しぶり(笑)。」「“いい子”強調も逆効果。」の声!

ベッキー、いよいよ芸能界引退への“危険水域”突入か!?「週刊新潮」の擁護記事に
「これほどわかりやすい提灯記事は久しぶり(笑)。」「“いい子”強調も逆効果。」の声!

週刊文春」様スクープのベッキーさんゲスの極み乙女。川谷絵音さん
との不倫略奪密会愛騒動に「週刊新潮」様がベッキーさん擁護記事で参戦!?

不倫略奪密会愛騒動では数多くのCMを失い、先月末から無期限の活動休止に
入ったベッキーさん。(ゲス極の川谷絵音さんも番組出演自粛)

好感度が高ったベッキーさんへの風当たりは強く、別の人物の不倫報道が
出るたびにベッキーさんのことが取り上げられる状態。

そんな四面楚歌の中、ベッキーさん擁護記事が「週刊文春」様のライバル、
週刊新潮」様より出てまいりました。

週刊新潮様の内容をザクッと言うと川谷さんがベッキーさんに猛アプローチ
したことから不倫が始まったこと、恋愛経験の少ないベッキーさんは川谷さん
の言葉を信じてしまった”被害者”であり、新年に川谷さんの実家に行くこと
は、ベッキーさんは実はノリ気ではなかったと・・・。

端的に言うと「すべての元凶は川谷さん」というのが
週刊新潮」様=ベッキーさん主張というか、結論。

またベッキーさん担当マネジャーの肉声も掲載し、CM降板に伴う違約金は
5億円ではなく、総額8億円!に達する見込みとなるらしく、所属事務所・
サンミュージック存亡の危機に直面しているとか・・・。


しかし、週刊誌デスク氏は「週刊新潮」様ベッキーさん擁護記事にかなり
冷めた意見を「日刊サイゾー」様に語ります。

「中身を読めばわかりますが、ベッキーサイドが『もうどうにもならない』
と、新潮にリークしたのは間違いない。これほどわかりやすい提灯記事は
久しぶり(笑)。ベッキーも川谷にだまされた被害者という図式にして、
復帰ムードを高めようというわけです」


ううむ、かなり必死なようですね。ベッキーさんサイドは。
サンミュージック存亡の危機、ベッキーさん芸能界引退も
現実味を帯びてきたということでしょうか?

「日刊サイゾー」様は

『ただ、いかんせんやり方がヘタすぎた。』

「週刊新潮」様ベッキーさん擁護記事にツッコミを入れています。

「週刊新潮」様記事には次のような”イイ子エピソード”な記述も。

『同誌にはベッキーがユニセフに募金を続けていて、すでにアフリカ
などに5つの校舎を建設したというエピソードがつづられている。』


別のスポーツ紙記者氏もこの記事にツッコミ!

「このくだりはいらない。“いい子”であることを強調するのが狙いで
しょうけど、逆効果。余計に計算高い印象を受けます。読者もバカでは
ないので、そのへんのことは見抜きますよ」


ネットではこのベッキーさんの募金についていろいろな憶測が飛び交って
いて、逆効果というか嫌われ過ぎなベッキーさん・・・といった感じ。

「週刊新潮」様ベッキーさん擁護記事にはこの1か月の間、ベッキーさんが
番組共演者やスタッフ、さらに川谷さんの妻にも謝罪の手紙を書いていると
掲載しているそうですが、どうもそれもアヤシイそうで・・・。


「現時点でベッキーから手紙を受け取ったという人は聞いていません」
(前出・スポーツ紙記者氏)

ううむ、ネットの世界だけではなく、全方位からツッコミが入れられて
いますが、ベッキーさんとサンミュージックさん、「週刊新潮」様、
反論記事クル?

「芸能界では、“3カ月休めばただの人”という言葉がある。それほど
入れ替わりが激しく、ベッキークラスの人気タレントも例外ではない。
事務所としては1日も早く復帰させたいし、してもらわないと経営が
ヤバいということだろう。新潮の記事は騒動の真相ではなく、どれだけ
現状が苦しいかを世間に知らしめるものだった」
(前出・週刊誌デスク氏)

しかし、これは逆効果になった感が否めないですよね、正直。

『いよいよ“危険水域”に突入したようだ。』

「日刊サイゾー」様。


これが事実ならばベッキーさん、いよいよ芸能界引退へのカウントダウン!?


やさぐれぱんだ 竹盤 [ ベッキー ]

やさぐれぱんだ 竹盤 [ ベッキー ]
価格:2,721円(税込、送料込)

★今はベッキーさんが”やさぐれ”たい気持ち?★





(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(日刊サイゾー)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.