清原和博容疑者覚せい剤逮捕で球界関係者氏「もう球界の接点なんかほとんどない」 「クスリを買うお金が欲しいから芸能の仕事を入れ始めただけ」と無関係強調!? - エンタメ福福

清原和博容疑者覚せい剤逮捕で球界関係者氏「もう球界の接点なんかほとんどない」 「クスリを買うお金が欲しいから芸能の仕事を入れ始めただけ」と無関係強調!?

清原和博容疑者覚せい剤逮捕で球界関係者氏「もう球界の接点なんかほとんどない」
「クスリを買うお金が欲しいから芸能の仕事を入れ始めただけ」と無関係強調!?

清原和博容疑者に現役時代巨人軍のチームメイトだった野村貴仁氏
薬物を渡したと証言したことで、新たな疑惑が浮上しそうです・・・。

「野村元選手は98~01年巨人に所属していた。これは清原容疑者が
巨人に在籍していた97~05年と被っています。野村氏の証言が真実ならば、
他にも関わっていた選手がいるかもしれない。昨年の野球賭博に引き続き、
球界全体に波及する可能性があります。巨人はまたもや窮地にたたされて
しまいました」
(スポーツ紙記者)

せっかく高橋由伸氏が読売巨人軍監督に就任したばかりで、いきなり
元巨人選手の清原容疑者が逮捕。

早くも今年のペナントレースの予想で「巨人は優勝できない」との声が
ちらほら。

清原容疑者逮捕は巨人は元より、日本野球界の問題と言っても過言では
ないでしょう。

そんな清原容疑者逮捕の前兆と言える薬物疑惑。

「アサ芸プラス」様に「ここ最近の話ではない」と捜査関係者氏。

「歌手のASKAよりも先に清原容疑者のほうが捜査線上に浮上していたんです。
06年、野村氏が薬物使用の容疑で逮捕された際も、当然、清原容疑者との
関係を問いただしました」
(捜査関係者)

そう、ASKA氏よりも清原容疑者が先に捜査関係者の関心を集めていたとか。
しかし、なぜか清原容疑者はASKA氏よりも逮捕が遅かったのです。

『(中略)確たる証拠が掴めず、結果として逮捕に10年近くも時間を要す
ことになる。だが、ここ半年ほどは常に清原Xデーが近いとマスコミ界隈で
噂になっていた。』
「アサ芸プラス」様より抜粋)

週刊誌記者氏は「アサ芸プラス」様にこう振り返ります。

「昨年8月下旬に、清原がついに逮捕されるとの噂が週刊誌やテレビ局を
駆け巡りました。そのためマスコミが常に清原の行動を張っていたんです。
結局、他の事件が急展開を迎えたことで逮捕は流れましたが、同時期に
清原が外で用を足している姿が週刊誌に掲載されたのが証左です」

(週刊誌記者)

清原容疑者は現役引退で野球界を去り、「週刊文春」様が薬物疑惑を
報じるまでTVでバラエティ番組などに出演するなど芸能活動をして
いました。

薬物疑惑報道後はTV&CM出演もほとんどない開店休業状態に・・・。

「昨年11月からはブログも開設し、私生活や思いの丈をさらけ出すほど。
それも芸能界を経由して野球界に復帰を果たそうと考えていたからだと
いうが、別居する2人の子どもがプロ野球選手になった際、監督として
関わりたいという想いがあるとも話していた」
(スポーツライター)

そしてつい最近、バラエティ番組「金スマ」に出演、再び芸能活動再開
という矢先に逮捕される事態が待ち受けていました。

スポーツライター氏は清原容疑者は野球界復帰を目指していたと発言して
いますが、それに異を唱えるのが球界関係者氏です。

『それは詭弁だと憤る』球界関係者氏は次のように語ります。

「あれだけお世話になった選手が多いにもかかわらず、PL学園のOB会にすら
返事をせずに欠席。球場にも来ないし、自分から球団やテレビ局に売り込み
の電話をすることはなかった。プロ野球のキャンプに白いスーツで訪れた
こともありましたが、あれは週刊誌で球界OBの悪口を語り、別の超大物OBに
大目玉をくらったから“お詫び行脚”として来ただけ。そういった球界への
不誠実な姿を関係者は見ているんです。いくら美談めいた話を作ろうとも、
彼にはもう球界の接点なんかほとんどありませんし、作る気もなかったんです。
結局、クスリを買うお金が欲しいから芸能の仕事を入れ始めただけでしょう」

(球界関係者氏)

清原容疑者もあれだけの才能がある一流選手でありながら、なぜ野球一筋に
なれなかったのか、プロ野球ファンでなくても疑問を持つところです。

『清原の居場所はもうどこにもない‥‥。』「アサ芸プラス」様。

なぜあそこまで薬物に溺れなければならなかったのか、清原容疑者以外に
薬物使用者はいないのか?本当に球界は無関係なのか?など疑問だらけの
清原和博容疑者薬物逮捕です。

続報が気になります。


完本清原和博 [ ナンバー編集部 ]

完本清原和博 [ ナンバー編集部 ]
価格:637円(税込、送料込)

★立ち直ってほしいけど・・・。★




(本日も読んでいただいてありがとうございました)


(アサ芸プラス)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.