ベッキー「センテンススプリング!」「友達で押し通す予定!笑」LINE暴露キタ――(゚∀゚)――!!不倫略奪愛反省ゼロ! ゲス極・川谷絵音はライブ後、泣きべそ逃走もLINE「堂々とできるきっかけになる。」とゲス全開! - エンタメ福福

ベッキー「センテンススプリング!」「友達で押し通す予定!笑」LINE暴露キタ――(゚∀゚)――!!不倫略奪愛反省ゼロ! ゲス極・川谷絵音はライブ後、泣きべそ逃走もLINE「堂々とできるきっかけになる。」とゲス全開!

ベッキー「センテンススプリング!」「友達で押し通す予定!笑」LINE暴露キタ――(゚∀゚)――!!不倫略奪愛反省ゼロ!
ゲス極・川谷絵音ライブ後、泣きべそ逃走もLINE「堂々とできるきっかけになる。」とゲス全開!

ベッキーさんを擁護してる方々。
ナイナイ 岡村隆史さん、ミヤネ屋 宮根誠司さん、さまぁ~ず 三村マサカズさん
カンニング 竹山隆範さん、西川史子さん、デヴィ夫人さん、セカオワ 深瀬彗さん
泉谷しげるさん、小倉智昭さん、武田鉄矢さん、タイタン社長・太田光代さん
土田晃之さん、楽しんごさん。


ベッキーさん「友達で押し通す予定!笑」だそうですけど、
まだ擁護しますか?

ベッキーさん、SMAP解散騒動で逃げ切れると思ったかもしれませんが、
今週も「週刊文春」様はベッキーさん&「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん
強力特集!?

あの不倫略奪密会愛会見では“友人関係”を強調したベッキーさん。
(でも奥さんに謝罪なし!)


不倫の共犯者、川谷絵音さんはというと「アサ芸プラス」様に芸能ライター氏が
次に語るような有様でした。

「文春は翌週も川谷の妻の告白記事を掲載。川谷は釈明のFAXこそ流したものの
一向に会見を開こうとせず、1月17日のフリーライブでも演奏直後に逃走する始末。
世間の声は川谷批判に集中していました」
(芸能ライター)

泣きべそ逃走したのは演技なのか、自己愛が強すぎるせいなのでしょうか・・・?

それよりも本題に入りましょう。(笑)

一部スポーツ紙の報道で「もう二度と会わない」と周囲に約束したとも掲載
されていましたが、ところがどっこい!会わないどころか、密かに2人は
LINEのやり取り継続中!


そんなLINEのやり取りを「週刊文春」様より再現すると?

ベッキーさん「友達で押し通す予定!笑」
川谷さん「逆に堂々とできるキッカケになるかも」
ベッキーさん「私はそう思ってるよ」
川谷さん「よし!」
ベッキーさん「そうとしか思えない」
川谷さん「ありがとう文春!」
ベッキーさん「オフィシャルになるだけ」
ベッキーさん「ありがとう文春!」
川谷さん「感謝しよう」
ベッキーさん「うん!」
ベッキーさん「それに不倫じゃありません!」
川谷さん「うん!」
ベッキーさん「略奪でもありません!」
川谷さん「うん!」
ベッキーさん「センテンス スプリング!」


「週刊文春」を「センテンス スプリング!」と呼ぶ
ベッキーさんセンス。(「お笑い漫画道場」かいな・・・)


とにかくベッキーさん・川谷さんの本音を妄想すると、
『不倫は続行、CM・TV関係者には謝ったし、
ほとぼり冷めるまで「友達で押し通す予定!笑」』

といたところでしょうか?

CM・TV関係者の皆さん、可哀想に。随分見くびられたものですよね。
使ってあげてるのはCM・TV関係者の皆さんなのに。(怒!)

週刊誌記者氏は「アサ芸プラス」様に

「文春にスクープ記事が掲載された後、ベッキーは川谷に離婚届の
書き方を載せたサイトを紹介していたというのです。また、釈明会見の
前日には『逆に堂々とできるキッカケになるかも』(川谷)、
『私はそう思ってるよ!』(ベッキー)、『ありがとう文春!』(川谷)、
『ありがとう文春!』(ベッキー)とLINEを送りあい、反省の色は微塵もなし。
障害が大きいほど燃え上がってしまうのかもしれませんが、その炎で川谷の
奥さんも双方の事務所も大きな傷を負ってしまっていることに、何で
気付かないのでしょうか」
(週刊誌記者)

そんな「ゲスの極み乙女。」を地で行くベッキーさんですが、
オーストラリアから帰国後、本日、日本で騒動後初仕事だそうです。
(「スカパー!音楽祭 2016」)


『芸能人のなかには「ベッキーを信じる」などと擁護して炎上した者も多数。
彼らはこの噴飯モノのやり取りを見てもまだベッキーを擁護して、みずから
火の海に飛び込むのだろうか。』


「アサ芸プラス」様。(小倉智昭さんは早速、見放す発言してましたね)

ベッキーさん&「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん、これから地獄を
見ることになるかも・・・。


ベッキーの♪心のとびら [ ベッキー ]

ベッキーの♪心のとびら [ ベッキー ]
価格:1,296円(税込、送料込)

★「心のとびら」を開けたら
ドス黒いものがドロドロ・・・。★




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(週刊文春・アサ芸プラス)

関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.