堺雅人が「宣伝に非協力的」、三谷幸喜の映画『ギャラクシー街道』大コケで NHK大河『真田丸』がやっぱり不安!?との声・・・。 - エンタメ福福

堺雅人が「宣伝に非協力的」、三谷幸喜の映画『ギャラクシー街道』大コケで NHK大河『真田丸』がやっぱり不安!?との声・・・。

堺雅人が「宣伝に非協力的」、三谷幸喜の映画『ギャラクシー街道』大コケで
NHK大河『真田丸』がやっぱり不安!?との声・・・。

1月10日からスタートするNHK大河ドラマ『真田丸』

脚本を担当するのが三谷幸喜さん、主役の真田幸村を
堺雅人さんが演じるとあって期待がいやが追うにも
高まるところ。

が、しかし!「日刊サイゾー」様によれば

『主演の堺雅人が番組宣伝に非協力的で、放送前から
つまずいているという。』

『三谷が監督を務めた映画『ギャラクシー街道』が大コケ
したことで、果たして視聴率が取れるのかと怪しむ声が』


と残念な情報!?

まず不安材料として三谷さん映画『ギャラクシー街道』大コケ
について。

『ギャラクシー街道』は三谷さんが初めて挑んだSF作品。
「日刊サイゾー」様によると配給の東宝は前回の三谷さん作品
『清須会議』の興行収入40億円を超える収入を見込んでいた
にもかかわらず、大コケ・・・。

「コメディなのに下ネタ連発で笑えない」と映画を見た
三谷さんファンに言われるわ、映画評論家たちからも
「駄作」と酷評されるわ、ネット上の映画レビューに
「時間と金を返せ」と書き込まれるわの悲惨散々。

多方面からの酷評の嵐に客足も激減し、興行収入は『清須会議』の
3分の1にとどまるのでは?といわれているらしい・・・。


三谷さんを知る舞台関係者氏は『ギャラクシー街道』大コケについて

「4年前に離婚した女優の小林聡美は、三谷の脚本のよき
アドバイザーだった。離婚後にヒットした『清須会議』は、
ストーリーがオリジナルではなかったから当たった。
三谷の脚本は小林の協力で出来上がっていたんです」


と説明。

三谷さんにとって小林聡美さんは公私ともに最高のパートナー
だったのかもしれないですね。

(個人的にも2人の離婚はとても残念でしたが・・・)

ということで「日刊サイゾー」様いわく、

『『ギャラクシー街道』が酷評されたことで、今回の『真田丸』も、
12年前に三谷が脚本を担当し、時代考証無視の内容で視聴率が落ち込んだ
大河ドラマ『新選組!』の悪夢の再来になるのではないかと危惧されている。』


とのこと。

ううむ、三谷さんオリジナル脚本は期待出来ないということに?

更に追い打ちをかけるのが堺雅人さんの番組宣伝の非協力的な態度とか・・・。

『NHKは来年1月解禁用で番組宣伝のために報道各社に堺のインタビュー取材
をさせている。』

『しかし、取材した関係者によると「何を聞いても、彼特有のスマイルで
ノラリクラリ。』

『『「真田丸」は家族の物語です』と言いながら、自分の家族のことを
聞かれると一切話さない。面白くもなんともない。これでは宣伝したく
なくなりますよ」という。』


「日刊サイゾー」様より抜粋)

堺雅人さんは下積み時代を経て、脇役から主役級に昇りつめた役者さん。
久しぶりに登場した職人肌タイプの俳優さんです。


役者としてのイメージからなのか?「真田丸」を変な先入観で見てほしくない
表れなのか?番宣には消極的と言われる堺雅人さん。

でもNHKのインタビューでは堺さんの俳優としてのこだわりを自然体で
語っていて好印象でしたよ。

自分の我を抑えて、監督の要望に沿って演技すると言う堺さん。
これはキャリアがあって、演技力のある俳優さんで中々言えることでは
ないと思います。


「日刊サイゾー」様によれば
堺さんの事務所の内情に詳しい大手プロ関係者氏いわく、TBSドラマ『半沢直樹』
で大ブレークしてから、事務所の幹部にのいうことにも聞く耳を持たないとのこと。

『特にプライベートについては、過敏に拒絶反応を示すという。』

『日本テレビ系のドラマ『Dr.倫太郎』の収録では、自分の世界に入り込んで、
共演者とも一線を画したために息が合わず、そのことが視聴率不振の原因だった
ともいわれている。』


「日刊サイゾー」様より抜粋)

ううむ、『Dr.倫太郎』は地味だったけれど良いドラマでした。
「視聴率不振」と掲載されていますが、視聴率も二桁キープしてましたし、
20%越えするようなドラマとは違った大人のドラマといった感じで
好印象でしたが。

『『真田丸』でも、共演者との足並みが揃っていないという情報もある。』

堺雅人さん、マイペースそうだけどどうでしょう?
まだ撮影から日も浅く「共演者との足並みが揃っていない」のは当然と言えるのでは?

これから共演者との意思疎通もこれから徐々にはかられ、チームワークも
それに従って構築されると思われますが・・・。


『不安材料を抱えたままスタートする『真田丸』。最低視聴率で終わった
昨年の大河ドラマ『花燃ゆ!』の汚名を晴らすことができるのか?』

「日刊サイゾー」様。

しかし、『真田丸』がコケると NHK大河もいよいよマズイ領域に入ると
言われているだけに責任重大と言えるでしょう。

また『真田丸』=真田幸村は切り札中の切り札ですから、多くの大河ファン、
歴男?歴女の人達の期待を裏切らないドラマになっているようにお願いしたい
ですね!(堺雅人さん、三谷幸喜さんファンも!)


真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]

真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]
価格:1,188円(税込、送料込)

★期待してます!★





(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(日刊サイゾー)

関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.