辺見えみり、片岡鶴太郎、長渕剛・志穂美悦子夫妻、市原悦子に起こった芸能界トンデモ勘違い!? - エンタメ福福

辺見えみり、片岡鶴太郎、長渕剛・志穂美悦子夫妻、市原悦子に起こった芸能界トンデモ勘違い!?

辺見えみり、片岡鶴太郎、長渕剛・志穂美悦子夫妻、市原悦子に起こった
芸能界トンデモ勘違い!?

週刊実話」様掲載の芸能界トンデモ勘違い事件簿!
まさかこんな間違いが!と思う話とは・・・?

辺見えみりさんがあるバラエティー番組である勘違いをした
エピソードがちょっとした話題になったそうです。

自宅マンション前に停車する怪しいワゴン車に気付いた辺見さん。
瞬間的に「週刊誌だ」と思い、取材をやめるように直接車に
抗議に行ったとか。

すると車内の記者から一言、

「辺見さんじゃないんで、やめてもらえますか」

と逆にたしなめられてしまったとのこと。

「自身もよく週刊誌に撮られた時期だったので、てっきり
勘違いしてしまったようです。辺見は『本当に恥ずかしかったです』、
『「本当に申し訳なくて、差し入れでピザでもおごろうかと思った』
と振り返っていました」
(芸能ライター)

こんなこともあるんですね。

辺見さんも赤面もののエピソード、よくぞカミングアウトしてくれました。

とここまでは微笑ましい勘違いエピソードですが、こんな間違いって
本当にあるの?という珍しい勘違いエピソードが芸能界にはあるんです!

片岡鶴太郎さんの勘違いエピソード。これは本当に珍しい!

「片岡鶴太郎が主演ドラマの撮影に臨んでいた際、共演のダンカンが
NG連発で現場は気まずい空気に。あとで監督が鶴太郎に語ったところによると、
本当はベンガルにオファーするつもりだったのが、ミスでダンカンにオファー
してしまったとか。監督は鶴太郎に謝ったそうです」
(芸能ライター)

ええっ!?ベンガルさんにオファーするつもりがダンカンさんにオファー!?

東京乾電池でも活躍されていたベンガルさんですけど、たけし軍団の
ダンカンさんとどこをどう間違うのか、謎すぎる・・・。

2人に共通するのはカタカナ名前だけだという・・・。(笑)

勘違いエピソードで芸能マスコミでよく知られているのは長渕剛さん
志穂美悦子さん夫妻のケース。

「長渕と志穂美の結婚報道が流れ、報道陣が志穂美のマンションに直行。
インターホン越しにしばらくやり取りしていると、話がどうもかみ合わない。
取材陣が確認すると、相手の女性は市原悦子だった。実は市原の本名は
塩見悦子で、そこから間違いが生じたらしい」
(ワイドショー関係者)

志穂美悦子さんの本名は塩見悦子さん。(現在は長渕悦子さんです)

しかし、すごい勘違いエピソードです!あの名女優の市原悦子さんの本名と
元アクション女優の志穂美悦子さんの本名が一緒とは!
(ジャパンアクションクラブ、懐かしい!)

こんな一致があるんですね、驚きました!

『人間誰しも勘違いはある。笑って済ませる程度にしてきたいものだ。』
「週刊実話」様。

楽しいエピソード(当事者は大変ですが)、ご馳走様でした!

家政婦は見た! DVD-BOX1 [ 市原悦子 ]

家政婦は見た! DVD-BOX1 [ 市原悦子 ]
価格:14,580円(税込、送料込)

★家政婦もビックリ!★




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(週刊実話)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.