江角マキコ、長嶋一茂邸“バカ息子”落書き騒動後、元マネジャーは現在消息不明!? 子供の転校先のインターナショナルスクールでも保護者の反発をくらっているとか!? - エンタメ福福

江角マキコ、長嶋一茂邸“バカ息子”落書き騒動後、元マネジャーは現在消息不明!? 子供の転校先のインターナショナルスクールでも保護者の反発をくらっているとか!?

江角マキコ、長嶋一茂邸“バカ息子”落書き騒動後、元マネジャーは現在消息不明!?
子供の転校先のインターナショナルスクールでも保護者の反発をくらっているとか!?

江角マキコさんが、当時の男性マネジャーに都内の長嶋一茂さん邸の
外壁に「バカ息子」などと落書きするように命じた落書き騒動。

週刊女性」様によれば江角マキコさんの元マネジャー男性は現在、
消息不明とか・・・。


「バカ息子」落書き騒動前、昨年7月には自身のブログでママ友いじめに
あっていたと江角さんが告白。(でも、他の保護者に言わせると江角さんは
人の意見は一切聞かずに自分の正義や主張を押し通す、強引な面があるとか・・・)

「“ママ友いじめ”にあったと告白した翌月には、娘の同級生の母親が
週刊誌上で猛反論。さらに同校のママ友である長嶋一茂さんの妻との
対立が明らかに。江角さんの当時のマネジャーが一茂さんの自宅の壁に
“バカ息子”と落書きしていたことも発覚しました」
(芸能レポーター)

江角さんは落書き騒動について謝罪したものの、あくまで元マネジャー
による単独犯行として関与を否定。

江角さんの子供は学校を転校することに。


昨年の夏休みまで江角さんの長女が通っていた都内の名門私立校では
この騒動の結果、

「あのトラブルが公になった後、初等部入試の保護者面接では、
母親に対して必ず、ママ友との付き合いに関する質問がされるように
なりました。幼稚園の受験でも、保護者面接には初等部の部長が
立ち会っているそうです」
(保護者氏)

「お子さんたちは2学期は登校せず、インターナショナルスクールの小学校と
幼稚園に転校しましたよ。通常、小学校の便りに退学者の名前が載るんですが、
江角さん側の希望で記載はありませんでした」
(前出・保護者氏)

しかし、子供の転校先のインターナショナルスクールでも江角さんの
行動は変わらないようで・・・。

「自分の意見を貫く姿勢は変わらないため、苦労しているようです。
スクールの方針やクラス行事に注文をつけて、保護者の反発をくらったことも。
新しい学校でもうまくいかないとなってからは“子どもがもう少し英語が
できるようになったら、いずれは海外へ移住したい”と、漏らしているとか」

(芸能プロ関係者)

江角さんの子供さん達が楽しく学校生活が送れていれば良いですね・・・。

そして落書き騒動で警察の事情聴取においても最後まで江角さんをかばい続けた
あの元マネジャーは今?

週刊女性」様に芸能プロ関係者氏はこう語ります。

「退職金をもらって宮崎の実家へ帰って以降、消息がわかっていません。
以前関わっていた業界の人間たちとは連絡を取っていないようです」

(前出の関係者氏)

元マネジャー氏も人生が変わってしまって大変そうです。

週刊女性」様が7月下旬の朝、江角さん本人の自宅に
直撃取材するも車で帰宅の江角さん、記者を見つけるなり、バック走行! 
そのまま走り去ってしまったとか・・・。(危ないわ・・・)

よほど焦っていたのか、ガレージのシャッターは開いたままだったそう。
事故にならなくて幸いでしたね…。


★そろそろ落ち着いた方が良いのでは?★





(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(週刊女性PRIME)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.