ASKA(飛鳥涼)がきっかけで「新宿の薬局」壊滅!?顧客芸能人は戦々恐々!? 男性ミュージシャン、女性タレント、人気タレント夫婦にも違法薬物を供給との情報も!? - エンタメ福福

ASKA(飛鳥涼)がきっかけで「新宿の薬局」壊滅!?顧客芸能人は戦々恐々!? 男性ミュージシャン、女性タレント、人気タレント夫婦にも違法薬物を供給との情報も!?

ASKA(飛鳥涼)がきっかけで「新宿の薬局」壊滅!?顧客芸能人は戦々恐々!?
男性ミュージシャン、女性タレント、人気タレント夫婦にも違法薬物を供給との情報も!?

ZAKZAK」様によりますと警視庁組織犯罪対策5課が「新宿の薬局」の
異名を取る東京・歌舞伎町(新宿区)に本部を持つ指定暴力団を摘発。

薬物密売ルートの壊滅作戦が関係者の間で波紋を広げているとか。

ターゲットとなった「新宿の薬局」は複数の芸能人を顧客に持っていた
という情報。

『薬物乱用者の牙城が摘発されたことで、
「新たな有名人の逮捕者が出る可能性がある」
(捜査関係者)』
「ZAKZAK」様より抜粋)

警視庁組対5課は27日、2013年10月から今年6月までに、
覚せい剤取締法違反などの疑いで指定暴力団住吉会系大昇会の組幹部ら
23人を逮捕したと発表し、その人数の多さに驚きました。

警視庁組対5課によると23人のほかに客ら計49人!も摘発したそうで、
これまでに覚醒剤約1・5キロ(末端価格1億円相当)、大麻約20グラム
(同10万円)、MDMA(同44万円)などを押収。

新宿界隈の薬物乱用者の間でよく知られた存在だった「新宿の薬局」。
捜査関係者氏は「ZAKZAK」様にこう語ります。

「違法薬物の卸元として有名だった。歌舞伎町一帯は言うに及ばず、
中央線沿線の都市にまで手広くクスリを供給していた」

(捜査関係者氏)

今回のこの摘発を勢いづかせたのは、昨年9月に覚せい剤取締法違反で
有罪判決を受けたASKA(57飛鳥涼)氏だそう。

『違法薬物の入手先として大昇会の名が浮上し、組関係者が芋づる式に
捕まることになり、そのなかには「密売の元締め」として知られる
組幹部もいる。』
と「ZAKZAK」様。

これはASKA氏の供述か、関係先を警視庁組対5課が丹念に調べあげた
成果でしょうか?

「警視庁は大昇会傘下の組事務所近隣の警察署に捜査本部を立ち上げて、
組織の壊滅作戦を展開した。2年弱に及ぶ捜査を経て、ほとんどの
密売拠点を壊滅させるに至った」
(捜査関係者氏)

この「新宿の薬局」は複数の芸能人を顧客に持っていたという情報。
この大規模な壊滅作戦で、心中穏やかでないのがそれまで“お世話”に
なっていた顧客=芸能人かも。

「かつて大ヒットを飛ばした男性ミュージシャンや、芸能界を騒がせる
スキャンダルに見舞われた女性タレントも、この組幹部(=密売の元締め)
と懇意だったといわれている。複数の仲介先を経て、人気タレント夫婦にも
違法薬物を供給していたとの話もある」
(芸能関係者)

人気タレント夫婦も違法薬物に手を染めているとは・・・。
これは芸能界激震どころではないかも。

「警察は逮捕した売人の顧客リストを徹底的に洗い、関係先の内偵を慎重に
進めるだろう。大昇会をクスリの仕入れ先にしていた連中は今頃、戦々恐々
としているはずだ」
(捜査関係者氏)

ASKA氏の次に逮捕者は出るのでしょうか?
(警視庁組織犯罪対策5課のみなさん、お疲れ様です。)

★どうなる?★





(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)


(ZAKZAK)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.