河村隆一、LUNA SEA「LUNATIC FEST.」動員6万人の大成功も現在パチンコ営業継続中!?
厳しい懐事情が原因?定期的にメディアに顔を売るため?との説も!?

LUNA SEAボーカルの河村隆一さん、6月27・28日に千葉・幕張メッセで
開催された初の主宰フェス「LUNATIC FEST.」は動員6万人という大成功を収め、
LUNA SEA人気健在をアピール。

日刊サイゾー」様にはLUNA SEAが
『2010年の活動再開以降も一定の人気を保ち、今年も大規模な
全国ツアーや、大阪城ホールでのワンマンライブなどを開催している』

と掲載。

そのLUNA SEA人気にも関わらず、ボーカルの河村隆一さんは
“パチンコ営業”に精を出しているとたびたび話題に!


日刊サイゾー」様いわく
『どうしても“落ち目感”が漂ってしまうタレントによるパチンコ営業』。

日刊サイゾー」様によれば
『河村は数年前からこれに手を出しており、ホールチェーン「ダムズ」をはじめ
全国のホールでイベントを開催。』

『主に女性ファンを対象に、トークショーや、サイン色紙争奪ジャンケン大会、
握手会などを行っている。』

『さらに、数年にわたりホールチェーン「K-POWERS」グループのイメージキャラクター
を務め、CMにも出演。』


と“パチンコ営業”に勤しむ河村さんをご紹介。

ファンからは「隆一は変わってしまった」と溜め息が漏れるほどだとか・・・。

芸能関係者氏は河村隆一さんの“パチンコ営業”について

「河村は06年に結婚。その頃は、すでにソロ活動も鳴かず飛ばず。結婚後に
売りに出した豪邸もなかなか売れず、価値は半分ほどになってしまったとの
ウワサも飛び交った。ソロデビューした90年代にはミリオンヒットを飛ばし、
『NHK紅白歌合戦』にも出場した河村ですが、その後の懐事情はなかなか
厳しいものがあったのでは?」
(芸能関係者氏)

この情報が事実ならばビジュアル系アーティストといえども懐事情の厳しさから
「背に腹は代えられない」といったところでしょうか?

日刊サイゾー」様は当然、その「背に腹は代えられない」的空気はファンも
感じているとパチンコ営業を続ける河村さんに対し、『そんなにお金に困ってるの?
と心配する声も少なくないはずでは?と掲載。

「ファン心理を考えると、『ロックスターには、パチンコ営業をやってほしくない』
というのが本音でしょう。ただ、バンド活動は面倒くさいことが多いため、河村は
短時間で稼げるトークバラエティ番組や、主演舞台等の俳優業など、ソロでのタレント
活動を充実させていきたいという気持ちが強いよう。そのため、X JAPANや最近の
人気バンドを集めて行う『LUNATIC FEST.』を毎年開催することで、定期的にメディアに
顔を売り、個人の仕事につなげたいというのが本音では? パチンコ営業を続けるのも、
『ソロで手軽に稼ぎたい』という思いの表れでしょう」
(前出・芸能関係者氏)

『彼にとって、LUNA SEAのボーカルという栄光は、まだまだ利用価値があるようだ。』
と「日刊サイゾー」様、中々手厳しいご意見。

厳しい懐事情が原因ゆえか?定期的にメディアに顔を売るためなのか?
ビジュアル系アーティストの新たな路線開拓?

★意外な展開ですね。★




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(日刊サイゾー)

関連記事