能年玲奈、独立・洗脳騒動は“芸能界のドン”こと周防郁雄氏のバーニングを怒らせたレプロへの報復!? 「三毛andカリントウ」設立騒動の“生ゴミ先生”の事実婚夫が”黒幕”説?とバーニングが仕掛け人、黒幕説浮上中!? - エンタメ福福

能年玲奈、独立・洗脳騒動は“芸能界のドン”こと周防郁雄氏のバーニングを怒らせたレプロへの報復!? 「三毛andカリントウ」設立騒動の“生ゴミ先生”の事実婚夫が”黒幕”説?とバーニングが仕掛け人、黒幕説浮上中!?

能年玲奈、独立・洗脳騒動は“芸能界のドン”こと周防郁雄氏のバーニングを怒らせたレプロへの報復!?
「三毛andカリントウ」設立騒動の“生ゴミ先生”の事実婚夫が”黒幕”説?バーニングが仕掛け人、黒幕説浮上中!?

能年玲奈さんが所属事務所に無断で設立した芸能プロ「三毛andカリントウ」の
”独立・洗脳騒動”は黒幕、仕掛け人の“芸能界のドン”こと周防郁雄氏率いる
バーニングが一枚噛んでいたと「サイゾーウーマン」様掲載。

能年さんの所属事務所・レプロエンタテインメントはバーニングと親しい関係に
あるプロダクションだそう。しかし、いろいろな噂が囁かれていたとか。

「一連の情報元となっていたのは、“芸能界のドン”こと周防郁雄氏が代表を務める、
バーニングプロダクションの周辺のようです。実は少し前、周防氏とレプロのH社長が
モメ事を起こしたと、関係者の間でささやかれていたのですが、それに対する“報復”
だと見られています」
(さる芸能プロ幹部氏)

またレプロエンタテインメントに分が悪い情報も「サイゾーウーマン」様掲載。

「少なくともメディア関係者の間では、レプロの評判は非常に悪いです。H社長の
ワンマン経営でも知られる同プロは、意にそぐわない記事が週刊誌等に掲載されると
知れば、あらゆる方面から圧力を掛けて握りつぶそうとしてきます。バーターなど、
話し合いの余地さえ残さない物言いに、各メディアからは完全に疎まれた存在ですね」

(前出・記者)

『こうして、強力すぎるバックからの後押しで、古巣からの“脱出”が現実味を帯びてきた
(「サイゾーウーマン」様より抜粋)能年玲奈さん。

『しかし、いくら悪名高いレプロであろうとも、所属タレントが無断で独立ともなれば
完全に被害者となってしまうはず。』
「サイゾーウーマン」様は掲載しますが、そこは
あの“芸能界のドン”こと周防郁雄氏率いるバーニング。

「レプロは完全にバーニング傘下のプロダクションで、同社の稼ぎ頭の1人である
新垣結衣も、周防社長がH社長に売り出すことを強く推したと言われています。
レプロ側も報道合戦の黒幕がバーニングだと知ってしまえば、何も口出しできなく
なることでしょう」
(週刊誌デスク)

「芸能界の通例では、所属プロダクションに許可なく個人事務所を設立するのは
許されるものではありません。2012年の小林幸子、また昨年末に発覚した
福田こうへいなど、独立騒動を起こしたタレントは、結果的にメディア側からも
敬遠される存在となってしまうものです」
(スポーツ紙記者)

通常なら個人事務所を設立&独立は芸能界を干されると言われますが、
能年さんにはバックにバーニング=“芸能界のドン”こと周防郁雄氏が
ついている以上、レプロエンタテインメントもこの騒動に手を引かざる負えない!?

『本来であれば許されるはずもない暴挙だが、その仕掛け人がほかならぬ
“芸能界のドン”ともなれば、近い将来にバーニングやその関連事務所の
所属となって、再び芸能界を席巻する日が訪れるかもしれない。』

サイゾーウーマン」様。(本当にそうなれば良いですが・・・)

しかし、「女性自身」様には「三毛andカリントウ」設立騒動の“生ゴミ先生”の
事実婚夫”が実は黒幕”であるとの説
も浮上。能年さん独立・洗脳騒動の
発端なだけに気になるところ。

「株式会社三毛andカリントウ」の取締役には能年さんの他に能年さんが
“生ゴミ先生”と慕う滝沢充子氏。

女性自身」様の取材に滝沢氏は「能年が描いた絵や、グッズなどを販売する会社」
と「株式会社三毛andカリントウ」について説明していますが、この新会社には
滝沢氏と滝沢氏の教え子女性が移り住んでいて「集団生活を送っている」との
演劇関係者の証言も・・・。


女性自身」様によると滝沢氏には同居していない“事実婚状態の夫”がいるとか。

『ネット上では以前から、この夫が一連の洗脳騒動の「黒幕では?」と疑いの声が
上がっている』
と「日刊サイゾー」様。

「滝沢氏の事実婚夫は、漫画家のK氏といわれている。K氏はTwitterで
『能年玲奈の後見人』を自称していたほか、能年の主演映画を企画していると
言って出資金を募っていたという話も。彼は、漫画家以外にも、滝沢氏と
同じ事務所に所属し、映像や企画など幅広いビジネスに手を出しているとか。
ネット上では、能年のイラストをグッズとして販売する案は、K氏の発案では
ないかとウワサされています」
(芸能ライター)

ううむ、話がゴチャゴチャしてきたような・・・。

週刊文春」様の取材では能年玲奈さんの「あまちゃん」時代の月給が
5万円、マネージャーがころころ代わったり、仕事を入れてくれないなどの
不満があったようです。


能年玲奈さんは「週刊文春」様に
「私は仕事をしてファンの皆さんに見てほしいです。私は仕事がしたいです」
と答えていましたが・・・。

能年玲奈さんの「あまちゃん」以来の活躍を見たいファン多いはず。
せっかくの逸材を救ってあげてほしいですが・・・。

★続報が気になります。★




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(サイゾーウーマン・週刊文春・女性自身・日刊サイゾー)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.