山口智子、ドラマ「心がポキッとね」が初回視聴率10.4%と微妙・・・。 唐沢寿明との夫婦生活暴露も「「ロンバケ」にしか見えない」「昭和の演技」の声!? - エンタメ福福

山口智子、ドラマ「心がポキッとね」が初回視聴率10.4%と微妙・・・。 唐沢寿明との夫婦生活暴露も「「ロンバケ」にしか見えない」「昭和の演技」の声!?

山口智子、ドラマ「心がポキッとね」が初回視聴率10.4%と微妙・・・。
唐沢寿明との夫婦生活暴露も「「ロンバケ」にしか見えない」「昭和の演技」の声!?

「ダブル・キッチン」「29歳のクリスマス」「王様のレストラン」
「ロングバケーション」
などのドラマで一世を風靡した山口智子さん。

ドラマ「心がポキッとね」に現在出演していますが、初回視聴率が
10.4%と微妙な数字に・・・。

ドラマの内容は『過去の失敗や心の傷のせいで不器用にしか生きられず
面倒な存在となっている、いわゆる「病んでるオトナ」4人を中心に
繰り広げられるラブコメディー。』
と「リアルライブ」様。

山口智子さんの役柄は阿部サダヲさんの元妻でいまだに自分探しを
しているフリーランスの空間コーディネーターではあるものの、
イタイ女性の役とか・・・。(イタイ女性が空間コーディネーター?)

1日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)で夫の唐沢寿明さんとの
夫婦生活を暴露した山口さん。

夫婦円満の秘訣は?との質問に
「手をつないで寝るとか」「毎晩です」

「会う時は本当にできるだけくっついていようと私は思います。
本当にくっついていたくて抱っこ抱っこみたいな。」


とかなりのリップサービスでしたが・・・。

日刊ゲンダイ」様にドラマライター氏はこう分析。

「かつてはドラマの女王の座に君臨していた山口ですが、結婚後、
仕事をセーブしているうちに“需要”がなくなってしまった。
そもそも、今の10代、20代の若者にとって山口の知名度はほぼ
ゼロに等しい。山口もそのことは自覚していて、話題になれば何でも
OKという意気込みで、これまでNGだった夫婦ネタを解禁したそうです」

(ドラマライター)

残念ながら視聴率にはあまり反映されなかったようですね。

リアルライブ」様にテレビ誌記者氏は現在の山口さんについて

「山口といえば、かつては飾らないキャラの演技が持ち味で女性から
高い支持を得ていた。ところが、95年に俳優の唐沢寿明と結婚して以来、
仕事をセーブしていたため、今や“過去の人”のような状態。今回の
ドラマの演技もネット上では『「ロンバケ」の南(山口の役名)にしか見えない』、
『昭和の演技』など全体的に評価が低かった。いまさら、山口は演技の“型”
を変えることは難しい」(テレビ誌記者)

「もはや唐沢とのネタを解禁するぐらいしか話題性がなくなった。とはいえ、
いい年した山口の口があんな話しをしてもイタイ女にしか見られない」(芸能記者)


山口智子さんというと90年代の等身大の女性役が多く、男勝りだけど
女性らしさも持ち合わせる女優さんで人気が本当にありましたね。

唐沢寿明さんとの結婚で家庭に入っていた時代のブランクとドラマ自体がかなり
様変わりしてしまったのも山口さんにとって気の毒になっている一因かも。

(「29歳のクリスマス」「ロンバケ」のイメージから抜けられないのか?
イメチェンされて困ることでも?)

一つの時代を作った女優さんの次のステップに進む厳しさ、
難しさでしょうか?


ミスキャストが囁かれる「心がポキッとね」。山口さん1人がミスキャスト
というわけではないようですが・・・。


★ジャーナリスト系?ナビゲーター系?★





(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(リアルライブ・日刊ゲンダイ)

関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.