演技がヘタ女優ランキング、屈辱の2位は堀北真希(『まっしろ』)!?堀北、 3位の深田恭子を押さえての第1位は佐々木希とか!? - エンタメ福福

演技がヘタ女優ランキング、屈辱の2位は堀北真希(『まっしろ』)!?堀北、 3位の深田恭子を押さえての第1位は佐々木希とか!?

演技がヘタ女優ランキング、屈辱の2位は堀北真希(『まっしろ』)!?堀北、
3位の深田恭子を押さえての第1位は佐々木希とか!?

TBS系ドラマ「まっしろ」が視聴率低迷のため、途中打ち切りの可能性も
示唆されている堀北真希さん。

週刊実話」様によるとドラマが大不評のせいで、『その影響なのか
「演技がヘタな女優」2位にランクされた。』
と掲載。

清楚なボブカットにまさに「まっしろ」なナース姿の堀北さん。
本来なら男性ファンが目を輝かしそうな白衣の天使ぶりを
見せてくれるはずでした(予定ではそれで高視聴率を狙っていた!?)。

しかし、現実はというと・・・、平均視聴率が6.06%でここ最近放送された7話に
いたっては4.6%という大コケぶりだと「週刊実話」様。

『途中打ち切りの可能性も出ている。』(「週刊実話」様より抜粋)とか・・・。

「なにしろ番組公式ツイッターでスタッフが、まだ放映中なのに“失敗作”
だったという謝罪コメントを出す始末。堀北はもちろん、視聴者に対しても
この上ない冒とく」
(テレビライター氏)

スタッフまでが“失敗作”と暴露する事態に・・・。
(敗北宣言早すぎ・・・)

その問題のツイッターを「週刊実話」様が再現したのは次の通り。

《(略)結果において、すべての責任は僕にあります。堀北さんのファンの方に
悔しい思いをさせてしまったことについても、率直にお詫びしなければなりません。
申し訳ありません》。


これに対し、前出のテレビライター氏はこう「週刊実話」様に語ります。

「正直、こんなコメントを公式に出す神経を疑う。最終回を終えたならともかく、
まだ放映中なのに敗戦の弁を出す。勝負はゲタを履くまでわからないでしょう。
言い訳じみた責任者としか言いようがない」
(テレビライター氏)

ううむ、ダメな企画がなぜ通ってしまったのか?謎としか言いようがないですね。

『とにかく、このコメントの余波は大きい。』と「週刊実話」様が掲載するように
堀北さんに早くもさまざまな反応が起きているようで…。

「堀北は、週刊実話ほか男性誌では人気抜群。どことなく陰のある演技で、
それが男性ファンの心を射止めていた。でも、今回の駄作でネットでは
『演技がヘタな女優』2位にランクされた。1位はダントツで佐々木希、
3位は深田恭子。堀北の評価は災難というほかない」
(ネットライター・大川真也氏)

深田恭子さんは「富豪刑事」(テレビ朝日系)でのお金持ちすぎるお嬢様刑事役が
一番のハマリ役でしたけど、現在の「セカンド・ラブ」(テレビ朝日系)は不評の
ようですね。

佐々木希さんというと故郷の秋田時代のプリクラ写真(金髪にカラーコンタクト、
タバコをくわえたヤンキー佐々木希さん
)がネットに流出したことが記憶に新しい
です・・・。

さて話を戻して、ホームドラマのノリというドラマ「まっしろ」。
患者のために真摯に働くナース達を描くという話ではなく、ナースである女性達の
私生活と仕事をゴチャ混ぜにしてしまった破天荒なストーリに。

更に堀北さんの役柄はペラペラしゃべるキャラで全然堀北さんのイメージに
合っていないと悪評という・・・。確かに。

「当初、局内でも堀北主役に異論はなかった。脚本が最悪です。妙に明るくて、
同僚と悩みまで会話するなんて堀北のキャラではない。完全なミスキャスト」

(TBS関係者氏)

「おっとり、まったりで家で読書するのが趣味」(TBS関係者氏談)
というのが堀北さん自身の性格だとか。

『ナース姿は似合うのに。』と「週刊実話」様。

ううむ、「堀北さんにナース姿させたら似合うかも!」という発想だけで
企画が始まったのでしょうか?「堀北さんをナースに」という発想は
良かったのに・・・残念。

★セクシーショット。★




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(週刊実話)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.