芸能界薬物汚染、捜査当局は大物アイドル歌手、人気俳優、女性タレント、 男性ミュージシャンをマーク!次は誰が挙げられる?と「ZAKZAK」! - エンタメ福福

芸能界薬物汚染、捜査当局は大物アイドル歌手、人気俳優、女性タレント、 男性ミュージシャンをマーク!次は誰が挙げられる?と「ZAKZAK」!

芸能界薬物汚染、捜査当局は大物アイドル歌手、人気俳優、女性タレント、
男性ミュージシャンをマーク!次は誰が挙げられる?と「ZAKZAK」!

小向美奈子容疑者(AV女優・タレント 29)がつい先日、
覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕されました。

ZAKZAK」様では
ギョーカイのドラッグ禍は底知れない。次は誰が挙げられる?』
と掲載。

ZAKZAK」様によると
捜査当局は目下、大物男性アイドル歌手や人気俳優、さらに
男性ミュージシャンなどをマーク
しているとか。

小向美奈子容疑者の捜査に当たったのは
厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部

小向容疑者を数カ月前から内偵していたそうです。

ZAKZAK」様によれば小向容疑者の複数の知人証言では
「酒こそ好きだったが、クスリに手を出している様子はなかった」
発言していて「親族の支援で更生に取り組んでいた」(事務所関係者)
との情報もあったそうです。

しかし、プロの目は誤魔化し切れなかった小向容疑者。
3度目の逮捕となりました。

『周囲の目を盗んで薬物に手を出していたとすれば、深刻な依存症
だったことになる。』
と「ZAKZAK」様が語るようにいかに
薬物が恐ろしいものかが分かります。

ちなみに「ZAKZAK」様によると
『警察庁の調べでは、2013年度の覚醒剤事件の逮捕者は1万909人、
うち再犯者は6899人で、再犯率は実に63・2%に及ぶ。』
とか。

昨年9月に覚せい剤取締法違反罪で有罪判決を受けた歌手のチャゲ&アスカの
ASKA氏
(56)は『10年以上クスリに溺れていた。』と「ZAKZAK」様。

この深刻で影響が大きい芸能界の“ドラッグ禍”を根絶しようと、捜査当局は
『薬物疑惑が囁かれる複数の芸能人をリストアップし、摘発のタイミングを
狙っている。』
と「ZAKZAK」様に捜査関係者氏はこう語ります。

「現在ソロとして活動する男性アイドル歌手には、以前から薬物使用疑惑が
つきまとっている。六本木(東京)のクラブでクスリを入手していたという
情報があり、捜査員の監視対象になっている」
(捜査関係者氏)

この歌手は、2009年秋ごろにも逮捕情報が流れたことがあった人物。
六本木界隈で目撃情報がある人物でしょうか?男性アイドルが薬物逮捕と
なるとその衝撃は計り知れないものになるでしょう・・・。
(もしも大手事務所とか・・・)

更に動向が注視されている人物は?

「過去に薬物絡みのスキャンダルに見舞われたベテランの
男性ミュージシャンが消息不明になっており、当局が関心を
寄せている。トレンディードラマに多数出演した人気俳優にも
噂が絶えない。テレビ番組にゲスト出演することが多い女性
タレントも、ひそかに内偵が進められているという話だ」
(前出・捜査関係者氏)

ベテラン男性ミュージシャンと一口で言っても
フォーク系、ロック系、J-POP系、ビジュアル系、
歌謡曲系や演歌系もあるので特定は難しい・・・。
ただ消息不明とは尋常ではないですよね・・・。

体や心を蝕む薬物。なぜ手を出してしまうのでしょう・・・。
(洋楽でも薬物逮捕で日本に来日できない海外ミュージシャンが多い、
悪いことなので当然ですが・・・、ファンはガックリ!涙)

『芸能界にまたも激震が走るのか。』と「ZAKZAK」様。
続報を待ちたいです。


★残念の一言。★




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(ZAKZAK)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.