GACKT(ガクト)、友人・川崎麻世の“愛人問題”でのコメントが火に油状態に!? 川崎から来た「バカ女が『女性自身』と組んでやりたい放題」のメールをそのまま暴露!! - エンタメ福福

GACKT(ガクト)、友人・川崎麻世の“愛人問題”でのコメントが火に油状態に!? 川崎から来た「バカ女が『女性自身』と組んでやりたい放題」のメールをそのまま暴露!!

GACKT(ガクト)、友人・川崎麻世の“愛人問題”でのコメントが火に油状態に!?
川崎から来た「バカ女が『女性自身』と組んでやりたい放題」のメールをそのまま暴露!!

女性自身」様に掲載されて話題になった川崎麻世さんの
“愛人問題”に友人であるGACKT(ガクト)さんのコメントが川崎さん
援護のつもりが逆効果の火に油状態だと「日刊サイゾー」様が
伝えています。

13日発売の「女性自身」様に川崎さんの愛人問題が掲載。

その中で川崎さんは「GACKT(ガクト)にも(愛人女性を)『彼女』と
紹介していた」
と書かれていたことがそもそもの始まり。

この記事を受け、GACKTさんが17日の自身のブログで、
川崎さんからメールで記事について謝罪されたと川崎さんの
メールを紹介。

「GACKT、スマン…迷惑をかけてしまった。せっかく素敵な舞台が
終わったあとなのに意味のわからないバカ女が女性自身と組んで
やりたい放題だ…。謝罪する…申し訳ない…」


続けてGACKTさんのコメント。

「あはははは。誰だ、この女は??ホント…、世も末だ」

「麻世さんに女を紹介されたことなど一度も無い!!」


と記事内容を全否定するGACKTさん。

更に
「事実確認もしっかりしないで、どうでもいいことを
こんなにもツラツラと…。ボクの名前を出す必要さえ
どこにもないのに」
と事実無根と怒りのコメント。

し・か・し、
GACKTさんの怒りは理解できますが、なぜ川崎さんのメールを
暴露しなければならなかったのかは謎・・・。
友人同士のやり取りですから、当然くだけた内容になるわけで…。

日刊サイゾー」様には
『GACKTの配慮が足りなかったのは、川崎からのメールを
そのまま暴露したこと。とりわけ、「意味のわからないバカ女が
女性自身と組んでやりたい放題だ」というくだりはマズかった。』

と掲載しています。

川崎さんにメール公開の承諾を得たのでしょうか?
内容が内容なだけに承諾されたとは思いにくいですが…。

週刊誌記者氏は「日刊サイゾー」様にこう語ります。

「女性側と『女性自身』が組んでいるのは事実ですが、
今回のスキャンダルは川崎さんが彼女と不倫しておきながら、
彼女の妊娠がわかるや態度を豹変させたという、女性が最も
嫌うネタ。妻のカイヤさんも今回ばかりは三くだり半を突きつけ、
離婚をほのめかしています。その矢先に“被害女性”を『バカ女』
呼ばわりしていたことがバレたわけですから、世間のイメージは
悪くなる一方です」


『友人のためにひと肌脱いだGACKT(ガクト)だが、逆効果になって
しまったようだ。』
と「日刊サイゾー」様。

女性自身」様はどう出る!?

★川崎麻世さんと友人関係とは驚き。★




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(日刊サイゾー・女性自身)

関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.