芸能界、共演NGリスト!犬猿の仲は誰?(パート3) 恋愛沙汰から女同志のライバル関係、過去の黒歴史まで!! - エンタメ福福

芸能界、共演NGリスト!犬猿の仲は誰?(パート3) 恋愛沙汰から女同志のライバル関係、過去の黒歴史まで!!

芸能界、共演NGリスト!犬猿の仲は誰?(パート3)
恋愛沙汰から女同志のライバル関係、過去の黒歴史まで!!

テレビ業界では人気タレントのブッキングに欠かせない、
共演NGリスト」が存在します。
制作会社の存亡に関わるという、第一級の極秘資料、
その最新リストを「アサ芸プラス」様が大公開!

過去の黒歴史編

篠原涼子(40)にダウンタウンの話は絶対タブーです。
というか、篠原のキャリア的には『なかったこと』になっています。

かつて篠原は、アイドルから女優に路線転向した際に、ダウンタウンの
『ごっつええ感じ』(フジテレビ系)にレギュラー出演。コントでは、
浜田雅功(50)に胸をもまれたかと思えば、松本人志(50)には
お尻を触られるなど、ヤラれ放題。番頭役の東野幸治(46)から
強制キス攻撃、今田耕司(47)には秘部を口責めされるなどの
過激なセクハラ攻撃に、篠原本人は当時からかなりショックを
受けていました。」(バラエティ番組関係者氏)

かつては今で言う、天然キャラで売っていた篠原さん。
TK小室哲哉さん)ブームに乗り、ヒット曲を飛ばし、
アイドルの道をひた走っていた時代も。

現在では努力の甲斐あって名優・市村正親さんの妻であり、
女優としても活躍中。セクハラ地獄の時代からは想像もつきませんね。
しかし、随分酷いことをされてたんですね。女性として許せないわ!
『今のテレビコードでは卑猥すぎて放送禁止になるレベルだった』
と「アサ芸プラス」様も掲載してるし。最低!

その後、ドラマに出始めた頃から、黒歴史の『ごっつええ感じ』に
ついては一切話していませんし、ダウンタウンとの共演は完全NGに
なりましたね。今のデキる女という女優イメージを崩さないように
しているんですよ。
」(民放局関係者氏)

確かに一生、共演はなさそうですね。


更にお笑い系では爆笑問題の太田光さん(48)の過去の発言が
積年の恨みと化しているのが、「とくダネ!」(フジテレビ系)の
司会でおなじみの小倉智昭さん(66)。

番組関係者は当時を振り返ります。

「きっかけは7年前の番組『たけしの日本教育白書』(フジテレビ系)で、
相方の田中裕二(49)が『いや~、また小倉さんも増えてるでしょ? 
今、番組どんどんどんどん
』と話しかけていたところ、太田が
髪の毛が?』と言ってはいけないツッコミを入れたんですよ。
田中が太田の頭を叩いて必死に制止しましたが、時すでに遅し。
小倉さんは笑顔で『いや、髪の毛は便利なほうがいい』と
“大人のリアクション”で一瞬事なきを得たと思ったが、それに
調子に乗った太田は『そうそう、便利なほうが。いろいろ着脱式とか‥‥
とツッコミをかぶせてしまったんですよ。」

「アサ芸プラス」様によるとこの事件で
おイタがすぎた太田の発言は、小倉のプライドをズタズタにした
とのこと。今でこそ、小倉のヅラネタはネットを中心に
コラージュされたものが出回ってますが、昔はアンタッチャブル事項。
太田さん、つい暴走しちゃったようです。
ビートたけしさんのことも「たけしは死にました。」って言って
後で大変だったらしいし)

ということで、現在、
7年経過しても、小倉側から断固として太田はNGなんですよ
(番組関係者氏)とのこと。

爆笑問題は他にダウンタウン(いわゆる土下座事件)、
小泉今日子さん(セクハラ発言で嫌われた)、
ラルク・アン・シエル(ヴィジュアル系と言ったから)
と共演NGに。


まだまだ多い、芸能界、共演NG。
気が強くないとやっていけないと言われる芸能界で
芸能人同志の戦い、潰しあいは続いていきそうですね。(怖い)


パート4に続く・・・。

★ヅラネタばかりでごめんなさい。★




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)


(アサ芸プラス)

関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.