芸能ニュースを中心に気になった話題・情報などをお届けします。

 

月別アーカイブ:2014年11月

中島啓江(オペラ歌手 なかじま・けいこ)さん57歳の若さで呼吸不全により急死。 「太りすぎで心臓と肺を圧迫している」と過去に指摘されていたことも。

中島啓江(オペラ歌手 なかじま・けいこ)さん57歳の若さで呼吸不全により急死。
「太りすぎで心臓と肺を圧迫している」と過去に指摘されていたことも。

オペラ歌手の中島啓江(なかじま・けいこ)さんが呼吸不全で
23日午前10時35分に亡くなっていたと所属事務所が28日
発表しました。

スポーツニッポン」様によると17日に「呼吸がしづらい」
訴えた中島さんは病院で検査を受けたところ、「血中酸素が少ない」
と診断され入院。今すぐ切迫した状況ではないということで、
翌18日には都内で講演会を行った後、病院に戻って治療を
続けていたとか。

しかし、21日に一時容体が悪化、その後安定したものの、
23日に容態が急変し、帰らぬ人に・・・。


サンケイスポーツ」様によると
『誕生日前日の今月14日にはライブを行った後、東京都内の
韓国料理店でスタッフとワインや料理を楽しんだばかりだったという。』

このことからも突然の出来事だったことが伺えますね・・・。

鹿児島県出身で57歳だった中島さん。「スポーツニッポン」様
によればこれまでも飛行機に乗った際に気圧の変化で呼吸がしづらいと
訴えたことがあったそうで、医師からは「太りすぎで心臓と肺を圧迫している」
と指摘されていたほど。

09年にテレビ番組の企画で189キロから168キロまで減量
したこともありましたが、最近は180キロ程にまでリバウンド。

数カ月前からは膝を痛めて、歩行にはつえや車いすを使って
生活していたそうです。

亡くなる前日の22日、医師から入院しながら食事療法と筋トレを
行うことを勧められ、中島さんは「治して頑張ろう」と電話で元気な声で
話していたと所属事務所代表取締役の岡田秀春氏。

容態が急変して親族や事務所関係者が病院に駆けつけたものの、
最期には間に合わなかったそう。

岡田氏は中島さんの公式サイトで
「きっと本人も亡くなったと思っていないのではないでしょうか」
とコメントしていますが、早すぎる死ですね・・・。

来年2月頃に音楽でしのぶ会を予定しているそうです。

サンケイスポーツ」様によると
1979年にオペラ歌手としてデビューし、ライブやミュージカルに
その明るいキャラクターでバラエティー番組でも活躍していた反面、
父親による家庭内暴力の影響で過食症になったこと、小学生のころの
いじめ体験を基にした講演会も好評だったとか。

『生涯独身で独り暮らしだった。』という中島さん。

中島啓江さんのご冥福をお祈りします。


★合掌。★




(本日も読んでいただいてありがとうございました)

(スポーツニッポン・サンケイスポーツ)
タグ : 訃報 音楽

松たか子、妊娠6カ月!NHK紅白歌合戦出場の発表がなかったのは妊娠が理由だった!

松たか子、妊娠6カ月!NHK紅白歌合戦出場の発表がなかったのは妊娠が理由だった!

映画『アナと雪の女王』の「Let It Go~ありのままで」を歌った
松たか子さん。現在妊娠6か月という”おめでた”だそうです。
(本当にめでたい!)

平成19年12月、ミュージシャンの佐橋佳幸さん(53)と
結婚した松さん。

待望の妊娠ということで、喜びのコメントを寄せています。

〈皆様へ
私事ですが、ご報告があります。
このたび、新たな命を授かることができました。
私達夫婦は今、深いよろこびでいっぱいです。
出産は来春を予定しております。
仕事に関しましては、出来る限りのベストを
尽くすつもりでおりますので、どうぞ、
静かに見守っていただければ幸いです。
最後になりましたが、ご理解ご協力いただいている
関係者の皆様に、心からの感謝をお伝えしたいと思います。〉

(「東京スポーツ」様より抜粋)

「東京スポーツ」様は
『(中略)大みそかの「NHK紅白歌合戦」への出場が
期待されていたが、26日の発表には名前がなかった。
今回の妊娠が理由だったとみられる。』
と掲載。

日刊サイゾー」様に芸能ライター氏はこうコメント。
「『紅白』サイドは、早い時期から松にオファーしていたものの、
松は出演を渋っていた。『アナ雪』での松の歌声は、アフレコルームで
キャラクターの動きに合わせながらテイクを重ね、やっとOKが出たもの。
『Let It Go』が“アフレコの一部”でしかない松にとって、生放送は
荷が重かったのでしょう。これに加えて今回の妊娠発表ですから、
NHKも諦めざるを得ないでしょう」


松本幸四郎さんも待望の松さんの妊娠で
お孫さんがまた増えることに。喜んでいらっしゃることでしょう。

紅白での「Let It Go~ありのままで」が聴けないのは残念ですが、
月並みではありますが、松たか子さんには体に気を付けて、
無事出産してほしいですね。


★来年はいい年になりそうですね、松さん。★




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(産経新聞・東京スポーツ・日刊サイゾー)

NHK紅白歌合戦、ドリカム、aiko、ゆず、乃木坂46落選!!に 「aiko出ないなら今年は見なくていい」「“不倫路上キス”スキャンダルの影響?」との声・・・。

NHK紅白歌合戦、ドリカム、aiko、ゆず、乃木坂46落選!!に
「aiko出ないなら今年は見なくていい」「“不倫路上キス”スキャンダルの影響?」との声・・・。

第65回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が本日、11月26日に発表され
V6、SEKAI NO OWARI、HKT48、May J.さん 、薬師丸ひろ子さん
5組が初出場となりました。

出場歌手はこちら。(「産経新聞」様より抜粋)

【紅組】

絢香(7)E-girls(2)いきものがかり(7)

石川さゆり(37)HKT48(初)AKB48(7)

SKE48(3)NMB48(2)神田沙也加(2)

きゃりーぱみゅぱみゅ(3)香西かおり(18)伍代夏子(21)

坂本冬美(26)椎名林檎(2)天童よしみ(19)

中島みゆき(2)西野カナ(5)Perfume(7)

藤あや子(20)松田聖子(18)水樹奈々(6)

水森かおり(12)miwa(2)May J.(初)

ももいろクローバーZ(3)薬師丸ひろ子(初)和田アキ子(38)



【白組】

嵐(6)五木ひろし(44)EXILE(10)

関ジャニ∞(3)クリス・ハート(2)郷ひろみ(27)

ゴールデンボンバー(3)三代目 J Soul Brothers(3)

SMAP(22)SEKAI NO OWARI(初)Sexy Zone(2)

T.M.Revolution(5)TOKIO(21)徳永英明(9)

AAA(5)長渕剛(4)氷川きよし(15)V6(初)福田こうへい(2)

福山雅治(7)細川たかし(38)ポルノグラフィティ(13)

美輪明宏(3)森進一(47)



出場される方々、おめでとうございます。

しかし、驚きなのは今回残念ながら落選された方達。

スポニチアネックス」様によると
『昨年の出場歌手で今年出場しないのは白組が泉谷しげる、
北島三郎、コブクロ、サカナクション、ゆず、
Linked Horizon。』

『紅組がaiko、高橋真梨子、Dreams Come True、
浜崎あゆみ。』のみなさん。


北島三郎さんは昨年紅白を卒業され一区切りをつけられたので、
いいですが、コブクロはNHKのソチ五輪テーマ曲を担当したにも
かかわらず、選に漏れることに。意外でしたね。
ゆずもNHKには”貢献”していたはずですが・・・。

ドリカムも安定していると思っていたのに・・・。

aikoさんは12回出場していた常連でしたが、
今回残念ながら落選。自身のツイッターで
ちっきしょーーーーー!!!」とツイート。

「カブトムシ」「ボーイフレンド」など、女性の恋心を
歌い続けたaikoさん。熱烈なファンが多いだけに
ガッカリした人も多数なよう。

サイゾーウーマン」様には
『ファンからは「aiko、『紅白』出ないの!?」
「aiko出ないなら今年は見なくていいや」
「卒業は浜崎あゆみだけでよかったのに」
といった、驚きや悲しみの声が続出。』
と掲載しています。

aikoさん、個人的にも見たかったですね。残念。

AKB48の公式ライバルである乃木坂46は一部スポーツ紙が
出場内定報道をしていたそうで、ファンもショックとか。

「ファンは今回の発表について、
『あの内定報道はなんだったんだろう』
『CD売り上げとNHKの貢献を考えると、文句なしの選出だったはず』
と落胆。10月、人気メンバーの松村沙友理が『週刊文春』(文藝春秋)に
“不倫路上キス”をスクープされ、その後も大和里菜の未成年飲酒疑惑、
畠中清羅のお泊まり疑惑を報じられただけに『やっぱりスキャンダルの影響か』
『あんだけスキャンダル出されたら仕方ない』と、ショックを受ける人や、
不祥事を伝えられたメンバーに怒りをぶつけるファンの声も見受けられました」

(芸能ライター)

それとは対象的なのはゴールデンボンバー
誤報で落選か?との情報が出たそうですが、公式発表で
出場が発表されると『ファンは『金爆3年連続紅白出場おめでとう』
『ありがとうNHK』『一旦落ち込んだ分、うれしさが倍増』などと、
喜びを爆発させています」』
(芸能ライター)
「サイゾーウーマン」様より抜粋)

V6が、悲願の初出場でメンバーの井ノ原快彦さんが
「正直、もう(出場は)ないだろうと思っていた。やっと親孝行と、
待ってくださったファンに恩返しできる」
とコメントしたとか。

ジャニーズ事務所は過去最多の6枠が紅白出場するそうです。

今年の紅白、どのようなドラマを見せてくれるでしょうか?

★ああ、残念!NHKさんてば!★




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(産経新聞・スポニチアネックス・サイゾーウーマン)

「北島三郎さんに戻ってきてもらわないと」NHK紅白歌合戦V6当確でジャニーズ枠拡大!? 若手演歌歌手達が演歌枠縮小?に悲鳴との説!?

「北島三郎さんに戻ってきてもらわないと」NHK紅白歌合戦V6当確でジャニーズ枠拡大!?
若手演歌歌手達が演歌枠縮小?に悲鳴との説!?

今年の紅白歌合戦、早くもV6の当確、浜崎あゆみさんの
紅白卒業(紅白落選?)との情報が話題になっていますね。

とここで、「リアルライブ」様からちょっと気になる話が。
演歌歌手達の紅白出場数を伸ばせないという予測が出ているとか。

このことから
『若手演歌歌手陣営からは「北島三郎さんに戻ってきてもらわないと」
といった悲鳴が上がっている。』
というのです。

演歌界の大御所・北島三郎さんが昨年を最後に紅白を卒業しました。
更に演歌界に衝撃が走る事態が起こりました。

「そのタイミングにあわせるかのように、NHKの芸能番組部も大幅な
人事異動があった。トップに来た人材が大の演歌嫌いで、北島さん
という重石もなくなった。紅白がどうなるかと思ってみてましたが、
演歌界は完全縮小方向でしょう」
(ある音楽関係者氏)

また「リアルライブ」様によると演歌歌手達の最大の懸念は
V6の当確
だったそう。

「長年、ジャニーズはSMAPとTOKIOだけだった。『KinKi Kids』が
出たときも出場歌手という枠組みではなく、ゲスト扱いだった。
ジャニーズも他とのバランスを考えて、出場枠を抑えてきたのに、
そこに嵐が入って、NYCなど若手枠。加えて関ジャニ∞と5組まで
膨れ上がった。そこに加えてV6ですからね。こうなってしまえば
ジャニーズ番組みたいなものですよ。一度勝ち取った枠はジャニーズ
だってそう離しませんよ。北島さんが卒業した演歌枠はなくなったのも
同然です。こうなってしまえば力をつけ始めた若手演歌歌手など
入りようもありません。北島さんがいれば、苦言の一つも言って、
ここまでジャニーズの数を増やさせるようなことはなかっただろうに
嘆きが出てますよ」
(前出・ある音楽関係者氏)

北島さんの娘婿・北山たけしさんは?

紅白当確のV6の岡田准一さんはNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」に
主演、井ノ原快彦さんは「あさイチ」のMCとしてNHKに貢献。
デビュー以来、初紅白出場はV6悲願だったかも。

とはいえ、
ジャニーズ枠、このまま拡大し続けるのでしょうか?
それとも、別のジャニーズグループが紅白卒業?
ということもあるのかな?どうなるか注目ですね。

「CDの数字の上では、売れないといわれているこの時代に
10万枚は当然、20万枚売れている若手だっているんですからね。
ちょっとしたジャニーズよりは売れているんですが…」

(レコード会社関係者氏)

今年の紅白、ベテラン演歌歌手はホッと胸を撫で下ろしてるかも!?


★師弟愛&親子愛?★




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(リアルライブ)

松たか子(37)、NHK紅白歌合戦に出場せず・・・。「アナと雪の女王」の 「Let It Go~ありのままで~」はイディナ・メンゼル、May J.(26)が歌うことに!

松たか子(37)、NHK紅白歌合戦に出場せず・・・。「アナと雪の女王」の
「Let It Go~ありのままで~」はイディナ・メンゼル、May J.(26)が歌うことに!

今年の第65回NHK紅白歌合戦の目玉と言われていた
映画「アナと雪の女王」で日本語版「Let It Go~ありのままで~」を
歌っていた松たか子さん。

ZAKZAK」様によると松さんの今年の紅白出場はナシとのこと。
(残念)

「アナ雪」関連では“本家”のアメリカ女優のイディナ・メンゼルさん(43)と、
日本からはMay J.さん(26)の日米歌姫が競演をするそうです。

スポーツニッポン」様によると、NHK側は本家エルサ役の
メンゼルさんと交渉を続け、ニューヨークからの衛星中継での
出演が決定。

しかし、松さんがニューヨークでメンゼルさんと共演するプランも
あったもののが、破談してしまったと「スポーツニッポン」様。

サンケイスポーツ」様も松さんの紅白出場はない見通しと
報道しています。

ということで、日本語版エンドソングを歌ったMay J.さんの
紅組の正式な出場者としての出演が決定したと
サンケイスポーツ」様。

May J.さんは紅白出場に意欲的で「スケジュールは今から
空けている」
とコメントしてましたね。念願叶った!といったところ
でしょうか?

日本人としては松たか子さんの「Let It Go~ありのままで~」を
聴いてみたかったので、非常に残念。今回ばかりは
解禁になると思ったのに。

松さんは1996年の紅白歌合戦で紅組の司会を務めたことも
ある、「ZAKZAK」様いわく『紅白ファミリー』の一人。

それが今回は出場辞退・・・。
紅白も何とか松さんに出場してもらいたかった
でしょうが・・・。

芸能関係者は「ZAKZAK」様にこう話します。

「松はテレビ嫌いではない。これからも舞台を中心に幅広い
役柄を演じていく上で“アナ雪女優”としてイメージが
定着することを嫌ったのではないか」


松さんにとって「アナ雪」は多くの仕事の中の一つでしか
ないのかもしれないですね・・・。

★CDで我慢?★




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)


(ZAKZAK・サンケイスポーツ・スポーツニッポン)
ようこそ
エンタメ福福へお越しいただき、ありがとうございます!
ゆっくりご覧くださいませ!!
福福です。
ブログランキング
福福イチオシ!
インフォメーション
エンタメ福福の人気記事
ブログパーツ
逆アクセスランキング
リンク