芸能ニュースを中心に気になった話題・情報などをお届けします。

 

月別アーカイブ:2014年04月

宮崎あおい、ヘアヌード写真集のオファー!?不倫・離婚でイメージダウンの末の大バクチ!! 大人の女優に脱皮を決意か!?出版ブローカーが現在、暗躍中との情報!!

宮崎あおい、ヘアヌード写真集のオファー!?不倫・離婚でイメージダウンの末の大バクチ!!
大人の女優に脱皮を決意か!?出版ブローカーが現在、暗躍中との情報!!

かつてはNHK朝ドラ、大河ドラマに主演し、国民的女優の名を
欲しいままにしていた宮崎あおいさん。

しかし、元夫の高岡蒼甫さんにジャニーズ事務所のV6・岡田准一さんとの
不倫を暴露され、後味悪い離婚も経験することに。
すっかりイメージダウンしてしまい、CM数は離婚後、激減。
ドラマ『ゴーイングマイホーム』(フジテレビ系)も平均視聴率7%台
という大惨敗の大コケ

話題になるのは鼻筋が激変と言われている、”整形疑惑”ぐらい。
今現在、辛酸をなめているあおいさんです。

結局、高岡との結婚がつまづきの元でした。商品価値を大きく下げた挙句、
夫婦仲もうまく行かず、最後はその夫に不倫を暴露されるというていたらく。
清純派で売り、過保護状態だった宮崎にスキャンダルをバネに飛躍するような
スキルはありません
」(女性誌記者氏)

東京ブレイキングニュース」様によると
あおいさんの所属事務所は再浮上するきっかけを
掴めず苦労していたらしいですね。

とそこでプランとして持ち上がったのが、
宮崎あおいヘアヌード写真集で本格女優へ脱皮...
出版ブローカーが暗躍か?

と題した「東京ブレイキングニュース」様の記事!!

宮崎あおいさんヘアヌード計画!!
あおいさん、ヘアヌードで勝負をかける?

出版元は明らかにされていませんが、ある出版ブローカーが
動いているようです。『まだ清楚な雰囲気が残っている今なら
まだ間に合います』と事務所を説得にかかっているとか。
ヘアヌードと言えば落ち目タレントの悪あがきというイメージがありますが、
幸い宮崎はまだ崖っぷちというほどではない。確かに今ならまだ
『新境地の開拓』とか『本格女優への脱皮』といった体裁にすることで、
再び大きな注目を集めることができますからね

(前出・女性誌記者)

あおいさん、最初はやはりヘアヌードに抵抗があったようです。
(当然ですが)
しかし、最近はその心境に変化が生じたみたいです。
「東京ブレイキングニュース」様が言うように
『最近は自分の立場もわかってきたのかもしれない。』ということかも。

最近になって、ようやく本人サイドも企画書に目を通すように
なったとか。最終的な決断は本人に任せるようですが、
最後のネックはCM契約する7社のスポンサー関係だと
言われています。そのためにも企画書には、カメラマンや
スタッフとしてかなりの大物が名前を連ねているようです。
芸術色が強くなるのは間違いないが、実現すれば宮沢りえの
ヘアヌード写真集『サンタ・フェ』以来のインパクトが
あるでしょうね
」(前出・女性誌記者氏)

宮沢りえさんの『サンタ・フェ』・・・。
ということは篠山紀信さんがカメラマンとして候補にあがっているのかしら?
『サンタ・フェ』みたいな透明感のある、ロリータチックな仕上がりを目指すとか?

最近は30歳前後の女優さんがヌードに挑戦するケースが多く、
他のヌードと一線を画すものでないとやはりインパクトがないかも。

とはいえ、あおいさん自身、一級品な逸材なだけに
どんな写真集になるか、興味があるところですよね。
ディープインパクトなヘアヌードになる!?


★今と顔が違うような・・・。★




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)


(東京ブレイキングニュース)

氷川きよし(36)、所属事務所の元従業員に口止め料として数億円を要求される恐喝被害に! 「氷川の暴力行為をばらされたくなければ金を出せ」

氷川きよし(36)、所属事務所の元従業員に口止め料として数億円を要求される恐喝被害に!
「氷川の暴力行為をばらされたくなければ金を出せ」

演歌界のプリンスに何が!?

氷川きよしさんがとんでもないトラブルに巻き込まれたと
東京スポーツ」様が報じています。
それは口止め料として数億円を要求される恐喝被害!

所属事務所の元従業員が加害者と見られ、「東京スポーツ」様によれば
その元従業員の背後にうごめく”怪しい人物の存在”が判明しているとか!
何やら尋常じゃない展開ですね・・・。

元従業員は「春先から(氷川さんの)仕事現場に同行し、諸業務を担当していたそうだ
(事情に詳しい中堅芸能プロ幹部氏)とのこと。

しかし、元従業員はわずか数か月で退社してしまったとか。
その後、元従業員は事務所のスタッフに対して突然、メールを送りつけてきて、
氷川の暴力行為をばらされたくなければ金を出せ
といきなり数億円ものお金を要求。

その従業員は『録音したテープもある』とスタッフを
脅しつけてきた。もちろん、この事態が発覚すれば、
氷川にとって大打撃となることを計算の上での行為だ

(前出・中堅芸能プロ幹部氏)

きよしくんが起こした暴力沙汰に対しての脅迫とは・・・。
そんな話信じがたいですが、「東京スポーツ」様に中堅芸能プロ幹部氏は
全くの事実無根ではない」と驚愕の事実を激白するのです!

「俺も耳を疑ったが、その点について、あったかといえば
『あった』ということになるかもしれないね。
知る限りでは1回か2回(あった)みたいだよ」。

「その男(元従業員)は新人なのに、仕事をサボるし
よくうそをつくなど、とにかく周りのスタッフから見ても
態度が悪かった。氷川の周りのスタッフも見かねて
よく注意していたみたいだ。それで氷川が
『みんなが迷惑するんだからちゃんとやれよ』
という意味で、軽く足を蹴ったことや水しぶきを
かけたことがあったそうだ。でも恒常的じゃない。
あまりにも態度がひどかった時に1~2回だよ。
大ケガをしたとかのレベルじゃない。俺は古くから
芸能界でメシ食ってるから、氷川には同情する。
そうやって厳しくしつけてもらって、一人前になるのが
この業界だからね」


いわゆる”しつけ”の一環だったようですね。(ホッ)
それにしても新人だったこの元従業員、随分大胆なことをしてくると思ったら、
「東京スポーツ」様によって、新事実が判明!!なんと、驚くなかれ、
きよしくんが「ハメられた可能性」が非常に高いとか!!

実はこの元従業員の背後にはきよしくんの所属事務所に強い恨みを持つ
AプロのB氏」が糸を引いているという疑惑が浮上しているそうで・・・。

「B氏は氷川の所属事務所の前会長が亡くなった後、事務所を乗っ取ろうと計画。
氷川をはじめとしたタレントや主立ったスタッフに独立や内部かく乱を持ちかけたが、
けんもほろろに誰一人相手にされなかったため、クーデターは未遂に終わった。
そのB氏が元従業員に指示を送っている可能性が高いんですよ」(テレビ局関係者氏)

更にこのB氏の背後には、反社会勢力がうごめいているとか。
その中心人物であるX氏とは?

実はこのX氏も前会長が亡くなった後、事務所に対し金を引っ張ろうとしていたそうだ。
B氏とX氏がつながっていて、その手先として元従業員が動いている構図だろう

(前出のテレビ局関係者氏)

元従業員はB氏とX氏の刺客!?

前出・中堅芸能プロ幹部氏は元従業員の挙動不審な点として
「常にレコーダーを持ち歩いていた」
「氷川やスタッフに口頭で注意を受けてもニヤニヤ笑っていた」
と語り、更に

そう考えると手を出させるように挑発していたとしか思えない。
そんなやつに引っかかった氷川が甘いといえば甘いがね…
」。

きよしくんが甘いというより周りのスタッフもきよしくんが手を下す前に
何とか場を収めることが出来なかったのかな?残念。

しかし、芸能界って、いろいろありますね。
弱肉強食の世界だとつくづく思い知らされます。

レコード会社関係者氏が「リアルライブ」様にこう語っています。
(略)この件にはすでに氷川サイドが立件に向けて動いているそうで、
捜査当局も関心を寄せており、近日中に何らかの動きがありそう
」とのこと。

どのように決着するのか?気がかりですね・・・。
氷川さんの仕事に差し支えつかえなければいいのですが・・・。



★なんかキレイなきよしくん!★



(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)


(東京スポーツ)

ASKAの「薬物使用疑惑」が原因か!?長男が経営していた六本木の会員制のバーが閉店! シンガー・ソングライターの長女・宮崎薫も休業状態に!

ASKAの「薬物使用疑惑」が原因か!?長男が経営していた六本木の会員制のバーが閉店!
シンガー・ソングライターの長女・宮崎薫も休業状態に!

約10年前から薬物依存に陥った生活、暴力団員との関係も取り沙汰された、
飛鳥涼さんこと、ASKAさん。

週刊文春」様のその記事は大きな波紋を呼びました。
その後、薬物は「アンナカ」というもので覚せい剤ではないと本人が激白!
しかし、やはり「アンナカ」も中毒性のある薬物だったことや、やはり
暴力団関係者との付き合いも認めたこともあり芸能活動を自粛することに
なったのは記憶に新しいところ。

そんなASKAさんの久しぶりの姿が「週刊女性」様に掲載。インタビューでは
あれ(薬物報道)には、もうやられたね!」と語るASKAさん。

4月号のファンクラブ会報誌では新曲のデモCDが同封されるなど復活モード!?
との噂も。CHAGEandASKA解散か!?とも囁かれたけど、
どうなるのでしょうか?復活してほしいところですが・・・。

そんなASKAさんですが、身内が「薬物使用疑惑」でどうやらトバッチリを受けた模様。
日刊ゲンダイ」様に芸能関係者氏がこう内情を語ります。

ASKAの長男は六本木で会員制のバーを
経営していましたが、一連の報道以降、ひっそりと
店を閉めてしまった。宮崎薫の本名でシンガー・ソングライター
として活動していた長女も休業状態に追い込まれています


飛鳥さんの妻は地方局の元女子アナだそうで、
娘の宮崎薫さんは2012年、歌手デビューしたばかり。
長男は若い頃の飛鳥さんにそっくりのイケメンで
有名私大を卒業後、バンド活動をするも脱退。
現在は六本木のミッドタウン付近で会員制のバーを
経営していたそうですが・・・。
やはりaskaさんの一件が響いたのでしょうか?
家族も「あれ(薬物報道)には、もうやられたね!」
な気分かも!


ASKAさんの「薬物使用疑惑」。
払った代償は大きかったようです。
ここは一家の大黒柱が頑張るしかない!?


★やっぱり復帰?★



(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)


(日刊ゲンダイ)

中川翔子(28)、俳優の小澤亮太(26)と交際も隠し子発覚で「別れた方がいい」の声多数! 小澤「僕に子供がいることは事実です」しょこたん「レベル29(※29歳の誕生日)直前にまさかの!?」

中川翔子(28)、俳優の小澤亮太(26)と交際も隠し子発覚で「別れた方がいい」の声多数!
小澤「僕に子供がいることは事実です」しょこたん「レベル29(※29歳の誕生日)直前にまさかの!?」

しょこたん”こと中川翔子さんに熱愛発覚!
「エア妊娠・エア出産」が趣味と明かしていた中川さんに春が巡ってきたかと思いきや
お相手の小澤亮太さんに隠し子報道勃発!!女性自身」様が大スクープ!!

小澤さんご本人も28日付のブログで「僕に子供がいることは事実です」と報道内容を認めたとか。

小澤さんは特撮『ゴーカイジャー』出演後に一般のドラマや映画などにも進出しているものの、
まだ大作に起用されることはない駆け出しのタレント。
かたや超売れっ子タレントの中川さんがデート代を払うことも多いそうで、当初は二人の交際を
応援していた中川さんの母親である桂子さんも“隠し子問題”を知ると猛反対するように。

メンズサイゾー」様によると
『昨年、中川が殺処分前の子猫を保護して里親を探す活動をしていた時、
その手助けをしてもらったことで急接近し、今年に入ってから交際に発展。』
したといいます。

中川さんは理想のタイプとして「私よりゲーム強い」「猫が好き」「古傷・生傷がある」
「キックがきれい」「ヌンチャクが振れる」
条件を挙げ特撮ヒーローだった小澤さんは
好みとしては、どストライクだったよう。

ネットでは「やっぱりイケメンがいいのか」「非リアをアピールしてても結局は顔か」
「レッドにいくタイプだったのか、ブルーじゃなくて」
とショックを隠し切れない
コメントの数々。(涙)

それが急転直下のまさかの隠し子発覚で状況一変!!

お母さんだけでなく友人・知人や事務所関係者も、しょこたんに『別れた方がいい』
と助言しているようです。しょこたんの“非リア充”キャラは演出ではなく、本当に
男性経験の少ないタイプ。だからこそ、周囲も最初は交際を喜んでいたのですが、
いきなり“隠し子”がいる相手はレベルが高過ぎる。しょこたん本人も何度も別れようとも
していたのですが、男性経験の少なさが災いしているのか、結局は惚れた弱みで
カレの元に戻ってきてしまう
」(芸能関係者氏)

今回の隠し子発覚にネットでは

「離婚歴のほうがまだマシだな 」

「しょこたん見る目ないんだな… 」

「なんで子供作っといて結婚しないの?
セフレ扱いだったから?」


との声、続出!!


中川さんはTwitterで
レベル29(※29歳の誕生日)直前にまさかの!?自分でもビックリしてます。いまは
バースデーライブに向けて全力で、みんなと一緒にレベルを上げて行けるように頑張ります!

と心境を綴っていましたが、その心中はいかに!?

妄想の中では3児の母で4人目を妊娠中であると明かすなど、「エア妊娠・エア出産」が趣味な
しょこたん。5月5日で29歳を迎えることもあり、「メンズサイゾー」様が言うように
“ネタ”ではなく周囲の反対を押し切るために本気で
“デキちゃった結婚”を狙っているのかも…?

となる前によく結婚は熟慮したほうがいいかも。

結婚は後悔先に立たずよ!!

★パパ、中川勝彦さんも草葉の陰で
心配してるかも!?★




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(メンズサイゾー・モデルプレス)

沢尻エリカ(28)、主演ドラマ「ファースト・クラス」(フジテレビ系)初回視聴率大コケ! ファッション業界を描くもゲイのみなさんから「スッピンメークかダサブスにしろ!」 「ゲイ役を入れないなんてゲイが食いつかなきゃドラマはヒットしないよ!」の怒りの声!!

沢尻エリカ(28)、主演ドラマ「ファースト・クラス」(フジテレビ系)初回視聴率大コケ!
ファッション業界を描くもゲイのみなさんから「スッピンメークかダサブスにしろ!」
「ゲイ役を入れないなんてゲイが食いつかなきゃドラマはヒットしないよ!」の怒りの声!!

8年ぶりとなる地上波連続ドラマ「ファースト・クラス」に主演の
沢尻エリカさん。

この土曜深夜ドラマ枠は元々視聴率が10%いかないことで知られていますが、
第1話(19日)の平均視聴率が6・5%と初回視聴率で史上最低を更新する
大コケ発進!!(ビデオリサーチ調べ=関東地区)

ドラマは衣料材料店スタッフのちなみ(沢尻)がファッション業界で働くのを
夢見ていたが、ある日、仲いい同僚オバサンの娘が人気ファッション誌の
編集長と分かり、オバサンの縁故でその編集部に見習いとして雇われるという、
現代の厳しい就職状況ではあり得ない設定。そして、そこは女同志の妬み嫉みが
渦巻くコワ~イ蹴落とし合いの世界が、ちなみを待ち受けていた!
ちなみは女同士の嫉妬・意地悪に負けず、ファッション業界にのし上がっていく・・・、
というお話。


なんか昔の大映ドラマを彷彿とさせる展開ね!
が、しかし、このような設定が大好物なのは女性だけではない・・・。
そう、ゲイの方々も女同士のバトルが大好物!
そんなゲイの方々がドラマ「ファースト・クラス」に不満タラタラなのだそうで・・・。

東京スポーツ」様にその”思いのたけ”をぶつけています!!
某おネエタレントさんがこんな風にダメ出し!!

「沢尻さんはもともと演技がうまいし、これまでのイメージもあるから、どんなに
いじめられても安心して見ていられる」

「冒頭から沢尻さん、服装はダサいんだけど、メークはバッチリでキレイすぎ。
いじめ役の田畑(智子)さんより断然、華があるし、専属モデル役の
佐々木(希)さんと同レベルなんだもん。共演の女優たちと比べて
素材が段違いだから仕方ないけど、せめて最初はスッピンメークとかで
ダサブスにしないと、見てる側は違和感を感じるわよ」


沢尻さん、せめてスッピン風にすれば良かったのに。
佐々木希さんと美貌がタメレベルでは・・・。
スッピンでド根性を見せてほしかったわ!!

海外ファッション界で活躍するクリエーティブディレクター(ゲイの方)も、
ダメ出しよ!!

「世界中のゲイが大好きなアメリカの映画『プラダを着た悪魔』やドラマシリーズ
『アグリー・ベティ』のパクリなのはミエミエ。それに、トップモデル役の佐々木希が、
食事した後トイレでこっそりヤセ薬をガバ飲みするシーンがあったけど、
“そんなの今どきある?”って感じ」


これがアメリカ映画ならドラッグ吸引のシーンが出てくるんでしょうけど、
さすがにそれはマズイからねえ~。

更に『ファッション業界にはゲイがわんさかいるのに、
ゲイが一切出てこないのも現実味に欠ける。
』と怒りのコメント!!

『プラダを着た悪魔』も『アグリーベティ』もゲイが
随所に登場するのに、このドラマのキャストは
キレイどころの女ばっかり。見習いカメラマン役
のKATTUN(中丸雄一)はゲイに人気ないから
ほっといて、せめてファッションディレクター役の
俳優(平山浩行)はヒゲ面でゲイ受けするんだから、
お仲間って設定にしないとダメでしょう


確かに、男性ファッションモデルや男性ファッションデザイナーはゲイ率高いとの噂。
リアリティーを追及するなら、ゲイもしくはバイがいないと・・・。

しかもこのドラマには実際にゲイの制作陣もいるらしい・・・。
なぜ、彼の意見も取り入れないのか不思議?

なのにゲイ役を入れないなんて…。こないだ表参道で、
このドラマの番宣をたくさん見たけど、オシャレ女子たちを
ターゲットにしたって、ゲイが食いつかなきゃ
ドラマはヒットしないよ
」(前出・クリエーティブディレクター)

“ゲイのバイブル”と語り継がれる映画やドラマは、どれも女性たちが主人公。
桃井かおりさんと岩下志麻さんがヤリ合う「疑惑」(1982年)。(怖かったわ・・・)
薬師丸ひろ子さんが女優としてのし上がる「Wの悲劇」(84年)。
(三田佳子先生、スゴすぎ!)
永作博美さんと松下由樹さんがやはりヤリ合う「週末婚」(99年、TBS)などなど。
(内舘牧子先生原作は女同士の確執がこれでもか!と香ばしさ満点です!)

80年代にブームだった大映ドラマシリーズも新宿2丁目関係者さんに言わせると
「ゲイなら必ず見なきゃダメ」な名作揃いと太鼓判!!

ファッション業界を舞台にした名作「花嫁衣裳は誰が着る」(86年、フジテレビ系)は
ウエディングドレスのデザイナーを夢見るドン臭い田舎娘のデザイナー見習い・
堀ちえみさんがいとこのお嬢様(伊藤かずえさん!)に執拗にいじめられながらも、
のし上がるサクセスストーリー。男性陣に“大映ドラマの常連”松村雄基さん、
黒田アーサーさん
という当時ゲイ受けしていた(今もそうかもしれないけど!)
若手俳優も出演していた、今ではお宝ものな作品。

彼氏の取り合いはもちろん、大映ドラマお得意の出生の秘密や人気
デザイナー同士のバトルなど、サイドストーリーも実に充実していた
「花嫁衣裳は誰が着る」。


沢尻は演技力があるんだから、ちえみばりのドン臭い演出が欲しい
(新宿2丁目関係者氏)

堀ちえみさんは素の演技力が買われてるから(笑)大映ドラマに。
あとは沢尻さんがスッピンメーク&ドン臭さを開き直ってできるかが鍵かも。
昭和の香りは醸し出せないかもしれないけど・・・。

「ファースト・クラス」制作陣の方々もいっそのこと開き直る!?

★サプライズでちえみさん投入!?★




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(東京スポーツ)
ようこそ
エンタメ福福へお越しいただき、ありがとうございます!
ゆっくりご覧くださいませ!!
福福です。
ブログランキング
福福イチオシ!
インフォメーション
エンタメ福福の人気記事
ブログパーツ
逆アクセスランキング
リンク