芸能ニュースを中心に気になった話題・情報などをお届けします。

 

カテゴリー:時事

日馬富士、貴ノ岩への暴行を認めるも・・・。この件の影響は来年に続く・・・!?

日馬富士、貴ノ岩への暴行を認めるも・・・。この件の影響は来年に続く・・・!?

横綱・日馬富士が幕内・貴ノ岩への
暴行を鳥取県警の任意の事情聴取で
認めたそうです。

 日馬富士本人によると貴ノ岩と口論になり、
話の途中で貴ノ岩のケイタイが鳴り激怒、
日馬富士が素手で貴ノ岩を複数回殴ったと
鳥取県警に説明しているそうです。

 (その場にいた複数の同席者は日馬富士が
ビール瓶で貴ノ岩を殴ったと証言していますが・・・)

 日馬富士が暴行を認めたので今後は鳥取県警の
捜査と日本相撲協会の判断に注目です。

 ただまだまだ疑問が残る、納得がいかない
ことが多いのは確か。

 貴乃花親方がなぜ先に鳥取県警に通報して
日本相撲協会に連絡しなかったのか?

 貴ノ岩に診断を下し、診断書を出した医師が
相撲をとってもOKと判断したのに、今場所を
休場したのはなぜか?

 なぜ鳥取県警ではなく、両国国技館で
任意の事情聴取を行ったのか?

 そして今回の暴行のきっかけとなった貴ノ岩の

「もう白鵬・日馬富士の時代は終わった」

発言。

 なぜ貴ノ岩からその言葉が出たのか?
どのような経緯からその発言が飛び出したのかが
気になるところです・・・。

 今回の件、急に降って湧いた話すぎて
今後の相撲への影響がどこまで広がるのか、
想像できません。

 この事件で日馬富士が法政大学大学院政策創造研究科の
大学院生とは知りませんでしたし、モンゴル警察大学の
通信教育で警察官の資格を持っていたり、弁護士の資格も
持っていたり、油絵の腕前も素晴らしい、母国・モンゴルに
学校を建てる計画もありと(なぜか日馬富士の名前が消されているらしい)
完璧すぎる人物像をTVで観るにつけ「なぜあのような事件を?」
との疑問が増殖するばかり・・・。

 元駐ウクライナ大使兼モルドバ大使・
元防衛大学校教授の馬渕睦夫氏
DHCテレビ「和の国の明日を造る」の中で
今回の暴行事件に触れ、

「相撲は日本の神言(かみごと)なんです。」

「大相撲が乱れる時は国内(日本)が
乱れている時なんです。」

「(大相撲と日本が)一番ひどかった時は
民主党政権ですね、(大相撲は)
閑古鳥(が鳴いていた)でした。」

「(今回の騒動は)ある一定の意図が働いたと
いう気がしてなりませんね。」

「ですから相撲を守るというのは
日本国家を守るということに繋がるんですね。」

 「少なくとも今年1年ですね、相撲人気に
冷水を浴びせる結果になりましたね」

「来年にかけていわば、どのように(相撲が)
悪い意味で発展していくのか我々は
見ていなければなりませんね」


 とおっしゃっていました・・・。
(ユーチューブでもご覧になれますので
興味のある方はどうぞ)

 馬渕睦夫氏は番組でもよく

「世界は腹黒い」

とおっしゃっていますが、

「(日本の国技、相撲を貶めたい)世界は腹黒い」

ということが発覚したするかも・・・。

(ちなみに「世界は腹黒い」は元・産経新聞記者で
現在「週刊新潮」のコラム「変幻自在」でおなじみの
高山正之さんの著書のタイトルです、
「週刊新潮」の1ページのコラムで読みやすく、
歴史の授業では教わらなかった話が満載です、
興味がある方はぜひ読んでみてくださいね!)
 

納得の書。



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(日刊スポーツ)
 

小池百合子東京都知事「希望の党」から外される“民進党15人リスト”なる「怪文書」が流出中!?一体誰が流したの!?

小池百合子東京都知事「希望の党」から外される“民進党15人リスト”なる「怪文書」が流出中!?
一体誰が流したの!?

小池百合子東京都知事の「希望の党」&民進党
の周辺が慌ただしい今日このごろ。
(小池知事は都政をどうするのでしょうか?
豊洲・築地、オリッピック、環状2号線も
何も進んでいないですよね・・・)

 民進党の前原誠司代表

「(民進党の)希望者全員が希望の党の
公認を受けられるようにしたい」

(党首が無所属で出馬というのも驚きですが・・・)

と言えば小池百合子東京都知事は

「選別する」「排除する」

と実にシビア・・・。
(安保法制、消費税、原発など民進党との
意見の隔たりが大きすぎるから・・・)

 でも、TBSのニュース番組での中継では
民進党の建物からネズミが逃げ出すという
放送事故も起きてしまったしねえ・・・。
(ネズミも勘が働いたのでしょうか?)
 
 そんな中、今「希望の党」から外される
“民進党15人リスト”なる「怪文書」が流出
していると
「TOCANA ・トカナ」さん。

 では、「希望の党」から外される“民進党15人リスト”
の内容は?

希望から外される民進15人

菅直人
野田佳彦
岡田克也
赤松広隆
長妻昭
枝野幸男
安住淳
近藤昭一
辻元清美
阿部知子
篠原孝
初鹿明博
海江田万里
手塚仁雄
櫛渕万里


 「TOCANA ・トカナ」さんが取材した
政府関係者のコメントはというと?

「現在、大手メディアに流れているこの怪文書のでどころは
残念ながらまったくの不明、特定は難しいでしょう。
官邸が流す場合はブローカーを利用して間接的に流しますし、
希望の党側が流すとしても、同じくブローカーや
ブラックジャーナリストなどを使って流すでしょう。
与党側が流したとすれば、ズバリ民進内部を動揺させる
目的のため。このリストに記載されている者に
世話になっている民進メンバーも大勢いますから、
仮に希望の党に公認されても“切られるんじゃ…”
という不安が募り、内部分裂に発展しかねません。
希望の党側が流す目的としては、あらかじめ
こうしたメンバーを流すことで世論とメディアの反応を
みるといったところでしょう」

「メンツを見れば明らかですが、かつての民主党イメージが強い者
(岡田や海江田など)と、左派リベラル勢力(辻本や枝野など)です。
菅直人はどちらも被っていますね」


ううむ、与党側が“民進党15人リスト”を出すヒマは
ないかと思います。

 国内外(今は特に北朝鮮問題)で対処しなければならない
事案がありますから。

 それよりも希望の党の側(特に小池都知事)は情報を流して
世論の反応を見たいと思っている可能性は高いかと。

 小池都知事は空気を読む人らしいし。
(左・右も多くの識者が言っているから間違いないでしょう)

 「虎ノ門ニュース」(DHCテレビ)でも今週は
この話題で持ちきりでした。
(ユーチューブでも観られるので
お時間と興味がある方はぜひ御覧ください!)

 10月10日公示、10月22日投票の衆院選。

 自分ファーストな人ではなく、
日本国民のために真剣に汗をかいて
仕事をしてくれる、そんな人をしっかり選挙で選びたいですね。
(北朝鮮などの脅威もありますから、
未来ある子供のためにも大人が頑張りましょう!)


予言の書?




(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(TOCANA ・トカナ)

民進党・蓮舫代表「国籍選択日は平成28年10月7日」記者会見で!昨年9月まで二重国籍状態で議員だった・・・。(加筆して更新中)

民進党・蓮舫代表「国籍選択日は平成28年10月7日」記者会見で!
昨年9月まで二重国籍状態議員だった・・・。(加筆して更新中)

民進党の蓮舫代表が記者会見を開き、
国籍喪失許可証書など資料を公開。

「国籍選択日は平成28年10月7日」

と昨年9月まで二重国籍状態であったことを
明らかにしました。

産経ニュース」さんの記事から。

 選挙公報での「虚偽経歴」疑惑に「故意に怠っていない」と主張
産経ニュース

 民進党の蓮舫代表は18日の記者会見で、
日本国籍と台湾籍の「二重国籍」の状態のまま
立候補した平成16年の参院選の選挙公報で
「日本国籍のみ」と読み取れる経歴を
表示していたことについて

「(台湾籍離脱を)故意に怠っていたわけではない。
台湾籍を放棄していたと思っていた」


と釈明した。

 
(引用終わり)

  でも、蓮舫代表に投票した有権者は
選挙公報での「日本国籍のみ」との言葉を
信用して一票を投じたわけですからねえ・・・。

 そして過去の蓮舫代表の発言では

1997年の女性誌「クレア」のインタビューで

「自分の国籍は台湾」

と語り、

1993年3月16日の「朝日新聞」では

「在日の中国国籍の者として
アジアからの視点にこだわりたい」


1993年2月6日号の「週刊現代」には

「父は台湾で、私は、二重国籍なんです。」

とも自ら語っていました。

 一部では時効を迎えたものの、
公選法違反では?との声も挙がっています。
 (蓮舫さんは最初の選挙の時に
「1985年に帰化」という経歴で立候補したのに、
実際の帰化は2016年10月)

 また金田勝年法相は昨年の会見で
一般論では法律が定める22歳までに
選択宣言をしていなければ国籍法違反
だと
発言しています。

 金田法相の発言。

「期限後に日本国籍の選択宣言の届け出を行った場合は、
それまでの間、国籍法上の国籍選択義務、
それに違反していた事実がなくなるものではない。
国籍法上の義務に違反していたことになる」


(引用終わり)


 この発言、法務大臣の見解なだけに重みが違うと
思いますが・・・。

(加筆)
早くも蓮舫さんが提出した国籍喪失許可証に
ミソがついているようです。

台湾人の方が写真が正面を向いた
写真になっていない点と申請から
除籍完了までの期間が短すぎると
ツイートしてます。

 相変わらずメディアは報道しない自由を
駆使しているようですが・・・。


(加筆2)

 7月20日、民進党・蓮舫代表は野田幹事長を含む
党役員、執行部交代の意向固めたそうです。
(都議選敗北の責任がその理由)

 でも、蓮舫さんご自身は続投だとか・・・。

 実に民進党らしく香ばしい展開ですね・・・。
(自民党ではありえないですよね)


(加筆3)
 蓮舫さんは野田前幹事長の後任に岡田克也前代表
打診するも、岡田氏は拒否した模様。

岡田氏をかつて「本当につまらない男」と
揶揄した蓮舫さん。

 岡田氏の固辞は当然でしょう。

 また蓮舫さんは稲田朋美防衛大臣を
法律違反のご自分の二重国籍疑惑を
知らん振りして予算委員会で追求するとか・・・。

「稲田大臣には何が事実で、何がうそなのか、
聞かせてもらう」ですって!

(蓮舫さん、本当にブーメランの名手ね!)

 何の落ち度もない稲田朋美防衛大臣を
いじめて恥ずかしくないの?

(私は稲田朋美防衛大臣を応援する!)

 まあ、逆に予算委員会で追求されるのは
蓮舫さんかもしれないけど!



オーストラリアでは
二重国籍で議員を
辞職した人が2人も
出たそうです。



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(産経ニュース・日テレNEWS24)


民進党の蓮舫代表、18日にも「二重国籍」問題で公的書類を開示予定。 評論家・八幡和郎氏は苦言・・・。

民進党の蓮舫代表、18日にも「二重国籍」問題で公的書類を開示予定。
評論家・八幡和郎氏は苦言・・・。

 民進党の蓮舫代表が問題とされてきた自身の
二重国籍」について18日にも公的書類を開示する
と発言。

 しかし、「ZAKZAK」さんによると

『ただ、戸籍謄本の全面公開ではなく
「すでに台湾籍を有していないことが分かる
部分を示したい」と述べた。』


と中途半端な公開に終止しそうだと掲載。

 『この対応は、国会議員として、公党の代表として、
おかしくないか。』
(「ZAKZAK」さんより抜粋)

 国会で自民党への質問では舌鋒鋭い蓮舫代表が
ご自身のこととなると随分及び腰。

 評論家の八幡和郎氏は蓮舫代表の「二重国籍」問題を
徹底追及してきた人。

ZAKZAK」さんの取材に語った言葉が実に腑に落ちるのです。


 以下「ZAKZAK」さんより抜粋します。

「(戸籍の公表は)個人のプライバシーに属するもの。
差別主義者に言われて公開することは絶対あってはならない」

 蓮舫氏は13日の記者会見で、こう語ったという。

 そのうえで、自らは野党第1党の代表で公人であることから、
「極めてレアケース」だと前置きして、

「私は多様性の象徴だと思っている。共生社会を目指す方針に
一点の曇りはない。ただ、『二重国籍』問題をめぐる自らの説明が
二転三転したため、説明する」

と言ったらしい。

 蓮舫氏は、大きな勘違いをしていないか。
それとも、意図的に問題をすり替えようとしているのか。

 「二重国籍」を隠して国会議員になったことの法的、
道義的問題や、自衛隊の最高司令官でもある首相になるという
「国盗り」を許すことと、彼女のいう「多様性」だとか
「共生社会」とは、何の関係もない。


 「戸籍謄本の公開」という話を、あたかも誰もが何かあれば
戸籍謄本を公開しろということになるといわんばかりに、
こじつけている「悪だくみ」があるので、解説を書いておきたい。

 蓮舫氏が戸籍謄本の公開を要求されているのは、
「国籍選択宣言を本当にしたのか?」「いつしたのか?」を
証明できる唯一の手段であるからだ。


また、「国籍選択宣言をしていなかったことを知らなかった」
というようなことを本人が言っていたが、それなら、

「蓮舫氏は、自分の戸籍謄本を見たことはなかったのか?」

といった疑問が尽きないからである。

 そもそも、蓮舫氏はタレント時代、
「父は台湾で、私は、二重国籍なんです」
(週刊現代1993年2月6日発行号)
などと公言していた。


一部の資料公開だけでは信用できない。

 戸籍謄本の開示は「国籍選択宣言」という
重大な義務を果たしたことを証明するが、決して、
台湾籍を離脱して「二重国籍」状態でなくなったことを
証明するものではない。

台湾当局から受け取った「国籍喪失証明書」や「台湾旅券」など、
すべての資料を公開してもらわなければならない。


(引用終わり)


 蓮舫代表は自身の疑惑をきちんと日本国民の前で
晴らすことができるでしょうか?

 自民党に対し、あれほど厳しく追及してきただけに
中途半端は墓穴、ブーメランとなって返ってくることは
必至ですが・・・。

昔、ビートたけしさんと
「スーパージョッキー」
という番組で
共演してましたよね。




(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(ZAKZAK)

民進党の長島昭久衆議院議員が民進党離党を後援会、ツイッターで発表。

民進党の長島昭久衆議院議員が民進党離党を後援会、ツイッターで発表。

 民進党の長島昭久衆議院議員が
民進党離党を後援会、ツイッターで
発表。

 長島議員は10日に記者会見する予定
だとか。

(ちなみにニューヨーク・ヤンキースの
田中将大投手や、大相撲の横綱・稀勢の里

ファンらしい・・・)

 長島議員が党都連に辞表届を提出したのは
6日、都連執行部は受理せず、慰留している
そうです。

 ただ長島議員の意思は硬そうですから
ねえ・・・。(やはり辞めるかのコメント多し)

 民進党離党後は無所属で活動しつつ、
小池百合子都知事との連携を模索すると
産経新聞」さん。

 また「産経新聞」さんは今回の長島議員の
民進党離党について

『党勢低迷から「離党ドミノ」に
歯止めがかからなくなっていることが背景。』


と掲載しています。

民進党は他の議員も長島議員のように
離党するのでは?との識者の見立てが多いようです・・・。

 肝心の国会では重要法案が多数成立していないとか。

 フェイクニュースを使った安倍政権への揚げ足取りは
もうたくさん・・・。

重要な法案はきちんと成立させてほしいですよね。

 国民のためにも何日も国会を空転させて、
一日数億円のお金(税金)を無駄にする
なんてことは止めていただきたい。

(先月のBSフジ「プライムニュース」で
飯島勲内閣官房参与が重要法案63本が
2ヶ月経っても成立していないと
激おこ、番組に出ていた民進党や共産党の
議員にブチギレしていたけど、あれから
進歩はあったのか・・・)


 長島議員は自身のツイッター

『たった今、後援会緊急総会にお集まりいただいた
支持者の皆さんに対して民進党を離党する決意を
お伝えしました。

真の保守政治を追求して来た私にとり、
価値観の大きく異なる共産党との選挙共闘路線は
譲れぬ一線を越えることを意味し、国民の理解も
得られないと考えた結果です。(つづく)』

『(つづき)平素より温かいご支援をいただきながら、
今晩お伝えできなかった方々にもご理解いただきたく、
ツイッターの形でですが、お知らせさせていただきました。
詳細は、10日(月)午前11時に会見を開いてお話し致します。
今後とも変わらぬご支援のほど何卒宜しくお願いいたします。』



 しかし、日本国内外、さまざまな動きがありますね・・・。

40代、50代の議員さんにも
頑張ってもらいたいのよ。



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(時事通信・産経新聞)
ようこそ
エンタメ福福へお越しいただき、ありがとうございます!
ゆっくりご覧くださいませ!!
福福です。
ブログランキング
福福イチオシ!
インフォメーション
エンタメ福福の人気記事
ブログパーツ
逆アクセスランキング
リンク