エンタメ福福

「相棒」で寺脇康文の再登板がない意外な理由とは!?水谷豊との不仲が原因ではない!?

「相棒」で寺脇康文(亀山薫役)の再登板がない意外な理由とは!?水谷豊との不仲が原因ではない!?

 「相棒」シリーズ(テレビ朝日系)が
season18まで続いていますが、
なぜかseason 第1話からseason7の
第9話まで出演していた亀山薫役の
寺脇康文さんの再登板が現在まで
一度もありません。


 「新シリーズが始まるにあたって、
成宮寛貴さん復帰のフェイクニュースも流れましたが、
成宮さんは過去のVTRを使用する形でこれまで
何度か登場しています。また、及川光博さんも
現在の反町隆史演じる冠城亘と絡んでいます。
でも、初代相棒の寺脇康文さんだけは
出てこないんですよね」(テレビ局関係者氏)


 「TOCANA」さんいわく、
『初代相棒だが、まるで最初から
いなかったかのような扱いになっている。
しかし、そこには特殊な事情があるという。』


 確かに、知りたい!
その特殊すぎる事情。

 以前から不仲説がささやかれていた
杉下右京役の水谷豊さんと寺脇康文さん
ではありますが、それは誤解であると
TOCANA」さん。

 「水谷豊さんとの不仲説は昔からありますが、
実際それはないです。本当に不仲であれば
もっと早く相棒交代になっていたはずです。
実際は所属事務所同士の軋轢だと
言われています」(前出・テレビ局関係者氏)

 
 ううむ、俳優同士の不仲よりも
難しい問題ですねえ・・・。

 この所属事務所同士の軋轢とは
どのようなものなのでしょうか?

 「そもそもの話になるんですが、
相棒の1作目がスタートしたころは
今ほどのヒットは予想されていませんでした。
そのため、寺脇さんの所属事務所の
アミューズは権利関係をほぼ何も持たない形で
関与していました。ところがドラマも映画も
大ヒットとなった途端、映画はもちろん
ドラマに関しても制作委員会形式を
アミューズがテレ朝に進言し、急に
お金を儲けられる形に変えようとしたんです」
(前出・テレビ局関係者氏)

 
 この話が事実ならば、アミューズ、
実に抜け目ないですね・・・。

 ただ、このアミューズの抜け目のなさに
不満を持つ人達がいたのも事実なようで・・・。

 「ヒットするかどうかわからない段階からテレビ朝日や
水谷豊さんの事務所は初期投資をしていました。
そこに後出しじゃんけんをされたような形だったので、
関係者間で軋轢が生じたんです。結果的に今も
ギクシャクした関係があって、仮に寺脇さんの
シーンを使いたくても二次使用の許可をアミューズから
得ないといけないんですが、その連絡をプロデューサーが
面倒臭がるわけです。そんな事情からほぼ消えた
存在になっているんです」(前出・テレビ局関係者氏)


 と言うわけで、「相棒」の初期のファンの気持ちを
よそに大人の事情が絡みまくったアンタッチャブル事案
だったようです。

 しかし、亀山薫ファンも多いと思われ、
薫ちゃん再登場を期待したいですねえ・・・。


薫ちゃん、
カムバック!!

 

(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(TOCANA)

C.C.ガールズ3、河合ひかる(28)と鈴木佳奈(23)脱退の本当の理由は!?

C.C.ガールズ3、河合ひかる(28)と鈴木佳奈(23)脱退の本当の理由は!?

 三代目C.C.ガールズこと、
C.C.ガールズ3から河合ひかるさん(28)と
鈴木佳奈さん(23)
がグループから脱退し、
所属のオスカープロモーションも退社、
一時的に芸能活動を離れることが
発表されました。

 C.C.ガールズ3は中川知香さん(26)、
花岡なつみさん(23)、豊田百佳さん(23)

残り、新メンバーを加えて活動は継続する
とのこと。

 「1990年にデビューし、元祖セクシーグループとして
人気を博したC.C.ガールズが、メンバーを変えて
16年ぶりに復活。9月18日には都内でデビュー
お披露目会兼記者発表会を行い、『グループとしては
5年以内に人気になる』と意気込富を語っていました。
同じオスカープロモーション所属の武井咲、
河北麻友子がお祝いに駆けつけるなど、事務所が
かなり力を入れているのが伺えましたね」
(芸能記者)

 
 ただ、10月2日の神奈川・TGIフライデーズ横浜西口店の
リニューアルイベントでは既に豊田さん、花岡さん、
中川さんの3人のみで営業していたそうで、早くも
微妙なムードが漂っていたのも事実・・・。

 「結成以来、初のイベントだというのに、
リーダーの河合ひかると鈴木佳奈は前日に
インフルエンザを発症して欠席と発表されました。
サブリーダーの中川は『ダンスレッスンとか
ハードにしているので、体調をくずしたのかな。
早く良くなってほしい』と説明するも、病状に
関しては知らされていないようでした」
(前出・芸能記者)

 
 ううむ、リーダー不在でイベントこなすというのも
事務所側も主催者側もお困り事案でしたね・・・。

 「日刊サイゾー」さんによると
イベント欠席のその舞台裏ではかなり深刻な
事態となっていたらしいです・・・。

番組制作会社関係者氏のお話。

 「イベントに欠席した2人はインフルエンザではなく、
事務所を解雇されたというのです。しかも、その理由が
“男性問題”だと。恋人がいたというのであれば、
まだ対応のしようがあったはずですが、今回ばかりは
事態を重くみたのかもしれません」
(番組制作会社関係者氏)


 「日刊サイゾー」さんがオスカープロモーションに確認すると、
『グループを離れ、同社を退会したことは認めたものの、
その理由は「体力面に不安が生じ、回復に至らず、
今後の芸能活動に支障をきたしかねないため」という……。』

との返答が。

 公式サイトでは
『体調面に不安が生じ、体力気力とも現状回復に至らず、
今後の芸能活動におきまして支障をきたしかねないため、
現段階でグループを離れ、回復に向け休養に専念することに
なりました』

と綴ってありましたが、所属事務所を辞めてまで
休養するというのは謎しか残らないような・・・。

 よほどのっぴきならない事情がありそうですね・・・。

 『老舗プロダクションが威信をかけてデビューさせた
グループだけに、わずか1カ月でいきなり2人が
グループを離れたことになるが、その真相はいかに?』

と「日刊サイゾー」さん。

 C.C.ガールズ3の新たなスタート、
頑張っていただきたいですね。

C.C.ガールズと言えば、
こちらのお姉様達でしょ。



(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(日刊サイゾー)

マツコ・デラックス激ヤセか!?稲垣吾郎共演NG文春砲&N国ストレスで!?

マツコ・デラックス激ヤセか!?稲垣吾郎共演NG文春砲&N国ストレスで!?

 マツコ・デラックスさんが日本テレビ系の
「ぐるぐるナインティナイン 祝!ゴチ20周年SP!」
に出演。

 大好きなフカヒレなどに舌鼓を打ちつつ、
イケメン俳優の田中圭さんにもボディータッチ♡


 視聴者からは完全なマツコさん接待番組にしか
見えないのではないかと・・・。

 「この日の『ゴチ』は土屋がニアピン賞で1位に。
マツコも設定金額の2万8000円をオーバーするも
3位で無事に勝ち抜け、『食べたいもの食べて
終わったわよ』と満足げにコメント。田中圭と
ハイタッチすると見せかけ、手首を掴んで
抱き寄せて抱擁するなど、通常運転でした」
(テレビ誌ライター)


 高級食材を目いっぱい食した上、ゴチになり、
イケメン抱擁、ナイナイの岡村隆史さん
すごく気を遣っていたように見えたし、
今のマツコさんの芸能界での立ち位置
なにげに垣間見えたように思えます。

 が!日刊サイゾー」さんによれば、
あるテレビ関係者は「ぐるナイでの」マツコさんの
様子を見て
「あんなに食べてしまって大丈夫だったのか?」
と心配になって観ていたとか・・・。
 
 実は激ヤセが噂されていたマツコさん。
週刊文春」さんに稲垣吾郎さんとの共演NG
文春砲されたことと、N国こと、NHKから国民を守る党
のストレスが原因とも・・・。

 「マツコといえば、番組での発言をめぐり、
N国党党首の立花孝志議員から猛口撃されたことが
記憶に新しい。当時は、ザッピングをしてN国党党首の
立花孝志議員の顔を見てしまうとパニック状態に陥って
しまうため、1人でテレビを見られなくなっていたほど
だったとか。それと同時に、元SMAP・稲垣吾郎に対する
共演NG騒動も勃発。過度のストレスから食事をすると
お腹を壊してしまうなどで激やせしていたのです。
あまりの小ささに驚いたスタッフも多く、本人は
イメージを保つためにサラシを巻いて体形を
維持しようとしていたと聞きました」(前出のライター)
 

 N国の場合はN国へ投票した有権者を批判し、
稲垣吾郎さんに対してもジャニーズ事務所と
マツコさんの蜜月関係が稲垣さんへの冷たい
発言となったのでは?とネットを中心に話題に
なりました・・・。(残念な発言が続きましたね・・・)

 これまでマツコさんに好意的だった人達が
これらの件で反旗を翻したのもショックだった!?


 『かなり繊細な心の持ち主と言われているマツコ。
人知れず苦悩していたようだ。』

と「日刊サイゾー」さん。

 それにしても、
少し疲れたような表情が気になりますね・・・。

大丈夫?



(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(日刊サイゾー)
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.