エンタメ福福

とんねるず・石橋貴明(56)、千鳥のノブに超弱気発言!お笑い界の世代交代!?

とんねるず・石橋貴明(56)、千鳥のノブに超弱気発言!お笑い界の世代交代!?

  とんねるずの石橋貴明さん
「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)で
今は人気上昇中のお笑いコンビ「千鳥」と共演。

 「週刊アサヒ芸能」さん(10月4日号)によれば、
「東に石橋あり」と言われた石橋さんが
吉本興業など関西芸人を敵視していたのに、

 「“ご威光”をなくした今は、かつての“敵”にも
ヨイショする日々」


だと、その凋落ぶりを掲載しているとか・・・。

 「石橋貴明のたいむとんねる」は
「とんねるずのみなさんのおかげでした」終了後の
タカさんの唯一の冠レギュラー番組。

 ですが、かつての視聴率男・タカさんも、
現在は視聴率は3%台と低迷・・・。

 「9月10日に放送された『たいむとんねる』では
ゲスト出演した後輩芸人の千鳥のノブが、
『お笑い番組をやりましょう』と切り出したものの
タカさんは『オレはやりたいんだけどねぇ…』と言って
口を濁してしまった。続けて『でももうあれでしょ。
自分らでやれるでしょう?』と力ない言葉が出てしまった。
これまで素人いじりで強気の発言がタカさんの持ち味でしたが、
イケイケ時代の全盛期のとんねるずとはほど遠い発言でしたね」

(放送作家氏)

  バブル時代のお笑い代表として、
何十年も活躍してきただけに何だか淋しい感じですね・・・。

 でも、タカさんが「千鳥はピンで番組やれるでしょ?」
って言うのも無理はないですよね。

 あの岡山弁と大阪弁での掛け合いは確かに面白い!


 お笑い界も長いこと、BIG3(タモリさん、ビートたけしさん、
明石家さんまさん)、とんねるずなどが頑張ってきたけど、
そろそろ世代交代が進んでもいい頃かも。

  
 『そしてわがもの顔でとテレビ局を闊歩していた時代からは、
信じられない話だが、後輩芸人に“土下座外交”も辞さない
振る舞いに周囲も驚きを隠さないというのだ‐。』


と「アサ芸プラス」さん。

 今後プロデュース業もあるかな?タカさん。
(とんねるずはどうなる!?)
 

このイメージが
強いだけに・・・。

 

(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(アサ芸プラス)

香取慎吾(元SMAP・41)ルーブル美術館で初個展、本当はショッピングセンターだった!?「スマップ元マネのI女史の巧みな作戦勝ち」

香取慎吾(元SMAP・41)ルーブル美術館で初個展、本当はショッピングセンターだった!?「スマップ元マネのI女史の巧みな作戦勝ち」

  香取慎吾さん(元SMAP・41)がフランスパリの
ルーブル美術館で個展を開催しているとの報道で
日本では話題となっていましたが、それは間違いだと
まいじつ」さん。

 「今回の件を、多くのメディアは
“香取がルーブル美術館で個展!”
と報じていますが、個展が行われる
シャルル5世ホールは、ルーブル美術館に隣接する
商業施設内の“無料展示スペース”です。
長蛇の列と言ってもお金を払って見に来ているわけではない。
なのに異様に香取を持てはやす風潮に、
ネット上では『恥ずかしい』『こんな作品が日本で
評価されていると思われちゃうのか…』と
批判的な声が相次いでいます。そもそも今回の企画も、
香取個人の能力が認められたわけではなく、
『ジャポニスム2018』の広報大使を務めていたことが
きっかけのコネでしょうね」
(芸能記者)

 所属事務所は
 「現地時間午前9時の開場前から会場を取り囲むように
長い行列ができ、オープン後も列は途切れずに続いた。
フランス、日本だけでなくドイツ、香港、ロンドンなどからも
観客が訪れた」
と伝えていたのですが、それも実はフェイク?

 そのショッピングセンター「シャルル5世ホール」には
アップルストアやスターバックスなどの複数のテナントが
入っていて、日本で言えば、東京渋谷駅の地下街
「しぶちか」
のような場所なのだそう。

 「バズプラスニュース Buzz+」さんでは
『「(この場所での個展は)ある程度のお金を出せば
ほぼ誰でもできる」
といわれており、その価値に関して疑問視する声も
出ている。』
と一刀両断です。(確かに・・・)

 今回の『ルーブル美術館での香取くんの初個展』は
元スマップのマネージャーで現在、香取さん、稲垣吾郎さん、
草彅剛さん
のマネジメントをしているI女史(飯島三智さん)
仕掛け人と思われますが、「まいじつ」さんはそれを

 「今回の件も、I女史の巧みな作戦勝ちだろう。
メディアをうまく利用してタレントの価値を上昇させる
I女史の剛腕ぶりは凄い。」


と高評価。

 そう言えば、以前ビートたけしさん
ベネチア国際映画祭に招待された時、
木村拓哉さんが映画祭とは関係のない
ホールでレッドカーペットを敷いて映画の
宣伝をしていたと。

 で、たけしさんが帰国したら
日本のTVで「キムタクの主演作が
ベネチア国際映画祭のレッドカーペットに
登場!」
と言っていて驚いちゃったと。


 I女史の手腕は流石としか言いようがないでしょう。
(木村さんの「閂村」伝説もこれに繋がるというわけね・・・)

 『一方で、I女史を失ったジャニーズ事務所は、
スキャンダル報道をコントロールできず、批判まみれとなっている。
やはりジャニーズ事務所は、貴重な人材を失ったようだ。』


と「まいじつ」さん。

 タレントさん的には箔がつくけど、
日本人はウソをつかれるのは好きじゃないから
どうでしょうね、この手法。

 I女史にしたら、タレントに対する親心(&商売)で
やったことなのは理解できるけど。

 今はSNSで簡単にバレてしまうご時世なので、
この手の手法が廃れる日も近いのかな?

がんばりましょう!

 

(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(まいじつ・バズプラスニュース Buzz+)

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」太川陽介&蛭子能収「太川・蛭子 ローカル鉄道寄り道の旅」で復活!!田中要次&羽田圭介コンビはどうなる!?

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」太川陽介&蛭子能収「太川・蛭子 ローカル鉄道寄り道の旅」で復活!!田中要次&羽田圭介コンビはどうなる!?

  「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第25弾(テレビ東京)
太川陽介さん&蛭子能収さんコンビが正月特番として
オンエアされた17年1月2日に終了して早半年以上・・・。

 とうとう復活、新番組のタイトルは
「太川・蛭子 ローカル鉄道寄り道の旅」
もちろん、コンビは太川さん&蛭子さん!!

 9月8日にスタートした番組は今度はバスではなく
鉄道。

 第1弾は東武鉄道で、栃木駅~福島・会津若松駅が
ゴールの1泊2日の旅。


 またしても厳しいルールが科せられていて、
途中下車をしながら名所・名物・グルメを探し、
「旅の資金」をゲットしないと飲食や宿泊の費用が
捻出できないというキビシイ掟(おきて)が・・・。

 ちなみに「旅の資金」は利用客が少ない駅ほど
高額設定されていて、どこの駅で降りるかは、
太川さんと蛭子さんの話し合いというまさに
運試しのようなガチンコ旅となるとか・・・。

 「路線バスの旅」と同じで利用客が少ない駅では、
名所や名物が簡単には見つからなければ
歩かなければならないので、蛭子さんの
「歩きたくないから、『路線バス』やめたのに、また歩くの?」
というボヤキが悲しい・・・。
(中高年にムチ打つような企画・・・、泣ける・・・)

  そもそも「体力の限界」が「路線バスの旅」を
リタイヤした理由だったのにネ!

  「太川・蛭子 ローカル鉄道寄り道の旅」が
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」のような
人気企画になればファンとしては嬉しいですが、
太川さん・蛭子さん、無理しないでね!


 「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」を引き継ぎ、
ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」として
頑張っている田中要次さん&羽田圭介さんコンビの
第7弾が9月29日に放送されます。

 今回のマドンナは秋本奈緒美さん。
 
 宮城・塩釜~青森・恐山を目指す旅。

 どうやら田中要次さん&羽田圭介さんコンビの
視聴率は太川さん&蛭子さんの時には遠く及ばない
コケっぷりらしく、テレビ東京も頭を悩ませていたと
サイゾー」さんは掲載しています。

 ということで、テレ東には、長年のファンから
「太川&蛭子コンビの復活」を望む声が多数
届いていたとか。

 「ローカル路線バス」を卒業後は、
「土曜スペシャル」枠の「いい旅・夢気分スペシャル」など
で再共演。

 いよいよ満を持して太川さん&蛭子さんコンビが
本格再始動することに!


 『今回も視聴率が振るわず、太川&蛭子の新企画が、
この先、人気を上げていくようなら、田中と羽田のコンビは、
“お払い箱”となる可能性もありそうだ。』

と「サイゾー」さん。

 田中さん&羽田さんコンビも頑張っていただけに
何だかせつないですね・・・。頑張れー。


新シリーズも
楽しみです!!



(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(サイゾー)
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.